WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 企業ブログマーケティング > 使いはじめる前に!WordPressには2種類あるのをご存知ですか?

企業ブログマーケティング

2014年12月3日

使いはじめる前に!WordPressには2種類あるのをご存知ですか?

使いはじめる前に!WordPressには2種類あるのをご存知ですか?
Twitter 2 Facebook Google+ はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

wordpressで会社のブログを作ろうと思っている方、Wordpressには根本的に物が違う2種類があることをご存知ですか?

この2種類を知らずにブログを作ってしまい、後から手直ししようとすると、かなり大変(専門知識がないとできないレベル)なことになるのでお気をつけ下さい。

スポンサードリンク

wordpress.comとwordpress.orgの2種類がある

WordPressにある2種類とは「wordpress.com」と「wordpress.org」の2つです。

ぱっと見ただけだと大きな違いがないように思えるかもしれませんが、この2つには大きな違いがあります。

WordPressを使ったブログサービス「wordpress.com」

wordpressを使ったブログサービス「wordpress.com」

WordPress.comとはブログサービスです。bloggerやlivedoorブログ、fc2、アメブロなどと同じです。だれでもアカウントさえ作れば、無料で利用することが出来ます。

WordPress.com:無料のサイトやブログを作成

wordpress.comのメリット

wordpress.comを使うメリットはなんでしょう。個人的には目的にもよりますが、無理してwordpress.comを使わなくても「はてなブログ」やLivedoorブログなど他のサービスを使った方が良いようにも思います。

  • サーバーを用意する必要が無い
  • セキュリティが強い(有料)
  • 初期費用がかからない

WordPress.comのデメリット

WordPress.comについてはデメリットとメリットを比較するとデメリットが勝ってしまう印象です。

  • テーマ(見た目のレイアウト)に制限がある
  • 使えるプラグインが限られている
  • 独自ドメインを使った場合に、後の.orgなどへの移行が凄く大変

無料で使えるのですから、それなりの制限があるのは当然ですね。

サーバーを自分で用意する必要がある「wordpress.org」

使いはじめる前に!WordPressには2種類あるのをご存知ですか?

wordpressでブログを作るのなら「.org」を使いましょう。世間一般で「wordpressが良いよ!」と言われているのが、この「.org」です。

日本語 — WordPress

WordPressはオープンソース(誰でも自由に無料で使える)です。

このwordpressという仕組みを自社で用意したサーバー(レンタルサーバーなど)にインストールして使うために、wordpressをダウンロードできるのが「wordpress.org」です。

wordpress.orgのメリット

wordpress.orgを使うメリットは非常に選ぶ理由として強力です。

  • 好きなプラグインを使うことが出来る
  • カスタマイズできる範囲(デザイン、機能など)が広くて自由度が高い

wordpress.orgのデメリット

  • 構築するのに専門知識が必要(構築するレベルによる)
  • サーバーを用意する必要がある
  • セキュリティ対策をする必要がある
  • アップデートによるトラブルのリスクがある

サーバーってなに?

「なぜサーバーが必要なのか?」と疑問を持たれている方もいらっしゃるかもしれないので、ここで簡単にサーバーについても説明しておきます。

例えばPCでエクセルを使って顧客リストを作ったとしましょう。そのエクセルは「保存」する必要がありますよね。ではどこに保存しますか?通常であればPCのハードディスクに保存をしますね。

WEBサイトも同じです。WEBサイト(ブログ)はWEBページの集合体です。1つ1つのWEBページ(ブログ投稿)を、エクセルのファイルと同じようにどこかに「保存」しなければなりません。

WEBページを表示するには

どういう仕組みでブログ投稿がインターネット上で自由に閲覧出来るかというと、そのブログ投稿にアクセス(ページを開く)すると、そのブログ投稿が保存されている場所へ「このブログ投稿を見たいからデータを見せて」と信号が送られます。

そして保存されている所からデータを送り返してもらうことでブラウザ(IEやChormeなど)で観ることが出来ます。

仮にWEBページ(ブログ投稿)をPC内に保存をしてしまうと、WEBサイトに訪問した人は保存した場所へアクセスすることができず、閲覧することが出来ません。

というわけで、常時インターネットに接続されていて第3者がアクセス(閲覧できる)できるデータの保存場所としてサーバーがあります。

会社として使うのなら.org

.orgでもサーバーにwordpressをインストールさえできればphpやHTML、CSSの知識がなくても使うことが出来ます。ただし何かトラブルが起こった時には専門知識がないと復旧は難しいかもしれません。

phpやHTML、CSS以外にもサーバー(FTP)やmysqlの知識もあったほうが、自由度は広がります。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

使いはじめる前に!WordPressには2種類あるのをご存知ですか?

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事