WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > ブログ記事を代行に書かせるな!コンサルタントが記事作成を外注するぐらいなら辞めた方がいい。

コンテンツマーケティング

2014年9月3日

ブログ記事を代行に書かせるな!コンサルタントが記事作成を外注するぐらいなら辞めた方がいい。

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

コンサルタント、侍業、コーチング業、講師業など「対面する」ことがサービスの一部になっている小規模ビジネスの場合にブログ記事を書く事を外注するぐらいなら、ビジネスブログ運用をやめた方がいいという話です。

コンテンツマーケティングという言葉が流行り始め、「あなたの代わりに優秀なライターがコンテンツを作ります」というサービスも増えてきました。

規模の大きい企業で社員数も多いのなら、外注もありかもしれません。でも個人事業や零細企業で「サービスと人物」がほぼ同等の場合は記事を書く事を外部の人間に投げるのは本当にやめた方がいいと思います。

スポンサードリンク

コンテンツ戦国時代にマヤカシは逆効果

今は「コンテンツ戦国時代」です。(勝手にそう言ってます)コンテンツとはブログ記事や動画などのWEBコンテンツに限りません。商品、サービス、人物、会社などが含まれます。

コンテンツ戦国時代は格差時代です。黒か白かがえげつなく線引きされます。白と黒の間には絶望するほどのギャップがあります。グレーゾーンは実際には存在はしても「存在しない」ものとして扱われるでしょう。

本当に良いコンテンツしか生存はできません。グレーや黒なコンテンツが白いコンテンツを装っても生き残るのはほぼ無理でしょう。

評価が低いコンテンツを評価が高いように見せかける。どこかでも耳にするタブーですよね。

コンテンツ作りを他人任せにする恐ろしさ

これだけコンテンツの質が問われている今において、そのコンテンツを自分たちで作らずに他人に任せるというのは、かなりリスキーだと考えています。

良いコンテンツがあるんだけど、それをうまく表現できないから外注するのならOKでしょう。

プロのライターさんに依頼をすれば「良い記事」は書いてくれるでしょう。でもあなたの会社やあなたのビジネスにおいて、あなた以上に詳しい人間はいません!

あなたのブログを読んで相談に来てくれた人と会った時に記事と実際の人物とに違和感を感じたらどうなると思いますか?

自分の規模の小さい会社のWEB担当者をしてきた経験、外部WEB担当者としての経験からすると、専門知識がなくても「一般的で当たり障りのない記事」は書けます。ネットや本から情報を仕入れれば十分です。

ただ残念な事に「一般的で当たり障りのない記事」は役に立ちません。あなたの個性(専門知識、経験、情熱、意見、視点、メソッド)が核にない=ゴミコンテンツです。

「一般的で当たり障りのない記事」は役に立たない

魅力的で評価されるコンテンツとは「コンテンツの核=あなた」であることが絶対条件です。あなただから書けるブログ。あなたにしか書けないブログを目指してください

「一般的で当たり障りのない記事」のコア(核)は何か?を考えてみましょう。ライターさんがヒアリング(インタビュー)をしてくれて、あなたが表現できていない価値あるコンテンツを掘り起こしてWEBに最適化したコンテンツにしてくれるのならば「記事のコア=あなた」になります。

いわゆる外注してブログ記事を1記事数百円(100記事を1週間前後で納品)で書いてもらうような場合はライターさんが各記事でインタビューをして、あなたの内にある価値あるコンテンツを引き出して・・・なんてことはないでしょう。そうなると「記事のコア=あなた」ではなくなってしまいます。

どれだけ「業界の専門ライター」と言っても、そのライターさんがあなたのブログの記事だけを書いていると思いますか?そんなことあるわけがない。どれだけコピー記事にはしませんとい言ったって、たかが知れています。

「ホームページやブログに記事が少ないから増やしたくて・・・」そんなWEBサイトはゴミです。

もし、あなたが「そんな事言ってもコンテンツなんてない」と思うのならば「WEBを使って・・・」の前にコンテンツを作ることに専念すべきでしょう。そして、もし「核=あなた」のWEBコンテンツを作る気がないのなら、WEBマーケティングに取組むのはやめることをお勧めします。

WEBマーケティングに取組むということは「良質なコンテンツ」を持って「コンテンツ戦国時代で生き残るんだ!」という覚悟を決めるということだと思います。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事