WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > Google検索は手動で人がスパム判定してる事を忘れないで。

小さな会社のSEO

2014年11月3日

Google検索は手動で人がスパム判定してる事を忘れないで。

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

そろそろ遠藤的SEOの動画を作り始めようかと思っている遠藤です。

今回はWEBサイトのスパム判定についてです。Google検索のSEOでペナルティを受ける場合にロボットによるスパム判定があることはご存知の方は多いと思います。ですが意外と「人によるスパム判定」のことが抜けている方がいらっしゃいます。

スポンサードリンク

人もスパムサイトのチェックをしてる

Googleでは手動によるスパム判定もしています。ロボットと人とダブルでスパムサイトを駆逐しているわけです。(スパム判定を受けるとペナルティを受ける事になります)

どれだけロボットを欺いたとしても、人がソースコードからコンテンツの内容、文章、画像などをユーザー目線でチェックをしているのですから欺けるわけがありません。

自分のサイトが「手動によるスパム判定」を受けたかどうかはウェブマスターツールで確認する事ができます。

手動による対策確認

素直に「良いWEBサイト」を作ろう

iBoundやセミナーでは何度も行っていますが、Googleを欺こうとか、出し抜こうなどと無駄なことはせずに素直にGoogleユーザーにとって有益なWEBサイトを作る事に注力しましょう。

SEOとは「検索エンジンに最適化する」ことであり、それは有益なWEBサイト(情報やコンテンツ)をより良くする為のものとも言えます。まずはターゲットになる人の役に立つことを目指しましょう。

WEBマスターの手帳のSEOカテゴリー記事は「小さな会社のSEO」をご覧ください。

参考記事

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事