WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > ビッグ?ミドル?スモール?キーワードはどこを狙うべきなのか。

小さな会社のSEO

2013年2月11日

ビッグ?ミドル?スモール?キーワードはどこを狙うべきなのか。

ID-10067087.jpg
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

SEOでキーワード設定と一言で言っても「どんな言葉で検索した時に上位表示されることを目指すのかを設定すること」と「実際にWEBサイト内で実装するという意味合いでの設定」とあると思います。

今回は前者の「戦略」としての設定についてです。

スポンサードリンク

キーワードの種類

ビッグキーワード

1語で検索率の高い言葉。使う人が多いもの、枠が広い。

例:「東京」「美容」「ホームページ制作」「カフェ」など

ミドルキーワード

キーワードを2語組み合わせたもの。キーワードを組み合わせることで対象を絞ったもの

例:「文京区 ホームページ制作」「美容 30代」など

スモールキーワード

キーワードを3語以上組み合わせたもの。ミドルキーワードよりもさらに対象を絞ったもの

例:「文京区 カフェ ギャラリー」「文京区 リサイクル 家電」など

どこを狙うべきか?

個人的にはビッグキーワードを最優先にすべきではないと思っています。理由は「単語1つで検索する人は少ない」

例えば「東京都」とだけで検索する人はいるでしょうか?可能性としては「東京都」について知りたい人かと思います。

東京都の税理士事務所を探したい人は「東京都 税理士事務所」と検索するのではないでしょうか?

では狙うべきところはというと、ミドルキーワードです。

スモールキーワードや固有名詞で検索で上位表示するのは狙うべき所ではなく、上位表示されて当たり前です。

あなたのホームページ、ブログが力を付けてくると、自ずと「ビッグキーワード」でも上位表示をするようになります。

だれに来て欲しいかを想像しよう

あなたのホームページやブログに来てもらいたい人はどんな人でしょうか?その人が、あなたのホームページやブログに来る理由はなんでしょうか?

これを考えるだけで狙うべきキーワードも見えてきます。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

ID-10067087.jpg

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事