WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > Googlebotをブロックしている要素を特定できる「ブロックされたリソース」機能。

WEB担当者

2015年3月28日

Googlebotをブロックしている要素を特定できる「ブロックされたリソース」機能。

public-domain-images-free-stock-photos-alley-ball-bowl.jpg
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 3 Pocket チャットワーク Eight Feedly

「Fetch as Google」にレンダリング機能が追加されたという記事を書きましたが、「Fetch as Google」はユーザーの見え方と比較することでWEBサイトとしてGooglebotに違う認識を与えてしまっている要素を視覚的にも確認することができました。

ウェブマスターツールには「Fetch as Google」の機能追加と共に「ブロックされたリソース」機能も追加されましたね。

「ブロックされたリソース」と「Fetch as Google」を使うことによりGooglebotをブロックしている要素を特定し、より悪影響を及ぼしている可能性が高いものから対処できますね。

スポンサードリンク

ブロックされたリソース

ブロックされたリソース

ブロックされたリソースを使うとGooglebotをブロックしている要素は何か、それはどこのページにあるのかを確認することができます。

ウェブページではデザイン性や機能性を高めるため、画像、CSS ファイル、JavaScript ファイルがよく使われます。このようなリソースがクロールからブロックされると、Googlebot では検索用にページをレンダリングする際にそのリソースを使用できません。そこで Google ウェブマスター ツールでは、ウェブマスターの皆様がこのような問題を特定して解決できるよう、ブロックされたリソースのレポートを導入しました。
引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブマスター ツールを利用してリソースのブロックを解除しましょう

ブロックされたリソースの使い方

まずはウェブマスターツールへログインして、チェックするWEBサイトへ進みます。その後は「Googleインデックス→ブロックされたリソース」と進みます。

レポートを見る

ブロックされたリソースのレポートページでは、Googlebotのアクセスをブロックしているリソース(要素)が表示されます。
ブロックされたリソース

ここではブロックしているリソースが在るURLが表示されます。自社のWEBサイトのURL以外にも外部のURLが表示されることもあります。

サイトで使用されているリソースのうち、Googlebot によるアクセスがブロックされたものが表示されます。すべてのリソースが表示されるのではなく、ウェブマスターの管理下にあると思われるリソースのみが表示されます。/引用元:ブロックされたリソースのレポート – ウェブマスター ツール ヘルプ

ブロックしているリソースを確認

該当ページをクリックすると、ブロックしているリソースが表示されます。ここでブロックしているのが「JavaScriptなのか」「CSSなのか」「画像なのか」を確認します。
ブロックしているリソースを見つける

ブロックしているリソースがどこのページで使われているのか

ブロックしているリソースをクリックすると「ブロックしているリソースがどこのページで使われているのか」が表示されます。
ブロックしているリソースが使われいるページ

可能な限り対処しよう

Googlebotを不必要にブロックしていると、正しくWEBサイトやページを認識できなくなってしまいます。そうなるとGoogleからの評価が下がり、検索順位が下がるということにつながってしまいます。

ブロックされたリソースでは「修正出来そうなもの」「影響が大きそうなもの」を表示してくれていますが、JavaScriptなどで外部ホストの場合は「WEBサイト側では直せない」ものもあります。できる範囲で可能な限りブロックしているリソースに対処しましょう。

ウェブマスターが関与しうると思われるホストのみを表示するため、現時点では、さまざまなサイトで使用されているホスト(一般的な解析サービスなど)は表示されません。すべての robots.txt ファイルを更新するのは時間がかかるため、ブロックされたときに表示が大きく異なってしまうリソースから開始することをおすすめします。/引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブマスター ツールを利用してリソースのブロックを解除しましょう

参考

ウェブマスターツールやGoogleアナリティクスを毎日覗いて、定点観測しているだけでなく、機能的に何か変わりわないかな?とあれこれ見ておくのも大事ですね。

何か変化があれば、なぜその変化があったのか、なぜその機能が追加されたのかも考えるのも面白いですよ。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

public-domain-images-free-stock-photos-alley-ball-bowl.jpg

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事