WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > SEOのスパムリンクに鉄槌を下したペンギンアップデートってなに?

小さな会社のSEO

2012年12月20日

SEOのスパムリンクに鉄槌を下したペンギンアップデートってなに?

Twitter 2 Facebook 1 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

前回のパンダアップデートって何?の続きです。

パンダアップデートとペンギンアップデートは必ず理解しておくべきです。他にもハミングバードやペイデイローンなどありますが、まずはパンダとペンギンです。

スポンサードリンク

ペンギンアップデートってなに?

Googleが設けているウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) に違反しているサイト、またはウェブスパムを駆使して故意にに検索順位を上位化させようとしているサイトを排除するための検索アルゴリズム更新のこと

パンダアップデートとの違いは?

基本の【ユーザーがgoogle検索をした際に表示される検索結果を、 よりユーザーにとって有益なもの、質の高い内容のものとなるようにするのが目的】は同じです。

ただしペンギンアップデートは【リンク】関係に特化していると言われています。
上の説明文の【ウェブスパムを駆使して故意にに検索順位を上位化させようとしているサイトを排除するため】という所に注目してください。

具体的には?

  • 過剰にリンクを得ているサイト
  • 有料で得たリンクを多く被リンクに持つサイト
  • 検索利用者にとって意味のないリンク集サイト
  • SEOリンク構築目的のブログネットワーク

以上のような項目がなどが挙げられます。これまでSEO対策と言えば【リンク】が重要視されていました。これをgoogleが問題視したわけです。

リンクの意味は?

リンクとは【紹介】です。そう考えれば「どういうリンクが適切か」がわかります。

お金を払って紹介してもらったり、ユーザーにとって意味のない紹介は変ですよね。サイトを公開したり、ブログ記事を投稿した瞬間に何千、何万というリンクを得るというのは現実的に考えても異常ですね。

あなたのサイト、投稿を読んだ人が「友達にも教えたい」「紹介したい」と思って、自分のブログなりサイトでリンクを貼って紹介をしてくれる

これがあるべき理想ですね。Googleはこれを求めているわけです。

どうしたらいいの?

「パンダアップデートって何?」でも書いた通りです。あなたのサイトを訪れた人が、あなたのサイトを訪れた理由を満たすことの出来る、
質の高い、健全なサイトを作り、運営することです。

パンダアップデートもペンギンアップデートも孤立して存在している訳ではなく、母体はGoogleの検索エンジンです。
どちらかを気にするのではなく、googleのガイドラインに基づいたサイトを目指すのが、もっとも正しくあるべき姿です。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事