WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > Google検索のSEOを学ぶなら最初に読むべきWEBページ「検索の仕組み」

小さな会社のSEO

2015年1月30日

Google検索のSEOを学ぶなら最初に読むべきWEBページ「検索の仕組み」

Twitter 1 Facebook 1 Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

先日、ウェブマスターアカデミーを紹介しましたが、もう熟読はされましたか?隅々まで熟読された方はもう目を通していると思いますが、今回はGoogleが提供している「検索の仕組み」ページについてです。

GoogleがGoogle検索において何を大事にしているのか、どんな規範を元にしているのか、どんなことを目指しているのかなど、Google検索の基本を知ることができます。

スポンサードリンク

SEOの基礎理解としてまず最初に読むべき

「検索の仕組み」ページはGoogle検索を理解するためにGoogleが提供しているWEBサイトの一部です。

完璧な最新版ではありませんが、アルゴリズムがアップデートされるのも、ここに書いてあることが「軸」になっています。Google検索でのSEOに取組む前に必ず目を通しておくことをお勧めします。

「検索の仕組み」の内容

Google検索の仕組み

  • クロールとインデックス
  • アルゴリズム
  • スパム対策
  • ポリシー

以上の4つの項目について解説が書かれています。

検索の仕組み – 検索サービス – Google

クロールとインデックス

クロールとインデックス

GoogleがどのようにWEBページの情報を集めているのか、どのように情報を蓄積しているのかが書かれています。

検索の仕組みの画像(PDF)を見ると分かりやすいかもしれません。

アルゴリズム

アルゴリズム

Googleがどのように検索結果に表示するWEBページを選出しているのかが書かれています。

アルゴリズムとは、質問を受け取って結果を返すコンピュータのプロセスと数式です。今日の Google のアルゴリズムは、本当に探している情報を推測することを実現する 200 を超える独自のシグナル、つまり「手がかり」を利用しています。/引用元:アルゴリズム(検索の仕組み)

スパム対策

スパム対策

Google検索における「スパム(検索結果に悪影響を及ぼすもの)」について書かれています。どのようなものがスパムとされ、スパムに対してどのような対処が取られるのかが分かります。

実際のスパムサイトが53例も見ることができますので、頭に叩き込んでおきましょう。
実際のスパム事例が見れる

ポリシー

ポリシー

ポリシーとは規則(行動規範)です。Google検索がどんなポリシーを持って日々活動しているのかを知ることは、Googlek検索に情報を提供する側としても大事ですね。

SEOの参考図書を読む前に目を通そう

下手なSEOの参考図書よりも有益です。この「検索の仕組み」をベースとした判断基準にしてSEOに取組まれることをお勧めします。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事