WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 企業ブログマーケティング > WEBライティング > Facebookの長文で書かれた「近況」にいつも感じるストレス。

WEBライティング

2015年1月23日

Facebookの長文で書かれた「近況」にいつも感じるストレス。

Twitter 2 Facebook 4 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

Facebookでは何度か今回のような内容を投稿したこともあるのですが、Facebookの「近況」に長々と書かれているのを読むってストレス度が高い。

あえて近況に長文を書くことを選択されているのならごめんなさい。余計なお世話ですよね。ここからは個人的な話です。

スポンサードリンク

長文近況を見る度に思うこと

Facebookで長文の「近況」が流れてくると常々思うんです。まず「凄いな」って、僕には「近況」に、そこまでの労力をかけられません。

そして「もったいないな」って(大抵はFacebookを商用利用している方がほとんどなので尚更)

読みづらい&読む気がなくなる

長文はとにかく読みづらい。最悪なのは「段落」も「改行」もなく何十行も続いちゃっている時。読みづらすぎる…

「段落」や「改行」があったとしても、相当読みづらい。「読もう」という気を最初から持たせない力をもってます。頑張って読んで内容が大したことなかった時のフラストレーション。

記号や空白をうまく使って読みやすいように工夫をしている「近況」もありますが、全体の1割もないですよね。

ブログに書けばいいのに

長文で「良いこと」書いているのなら本当に「もったいない」。なにもFacebookのタイムラインに「流しそうめん」のように垂れ流さないで、WEBLOG(WEB上の日誌)として残せばいいのに。

WEB LOGってなんだって?BLOG(ブログ)のことです。ブログに残しておけば流れ去ってしまわずに残るし、何度も何度も同じようなことを書かなくて済むのに。

確かに「近況」として投稿しても見つけられるかもしれませんが、探すの相当めんどくさくないですか。見つからない時もあるし。

それをまたブログに載せるってめんどくさ過ぎませんか。僕は超めんどくさがりなので絶対に嫌です。(Facebookの投稿を自動でブログ投稿にする胡散臭いソフトもあるようですが、SEOが分かっている人なら絶対に使わないですよね)

せめてFacebookのノートで書いたら

長文を書く時って、伝えたい!言いたい!という強いなにかがある時だと思うんです。だからこそ「近況」で流してしまうのはもったいない。

でもブログにログインして書くのはまどろっこしい。感情とモチベーションが高まっているのが削がれる。そんな時は「ノート」に書いてみたらどうでしょうか。
Facebookノート機能

ノートに書けば、タイムラインでは流れても自分のアカウントページからいつでも読むことができます。
Facebookのノート

「セクションの管理」で表示させる場所を上に上げてもいいですよね。
セクションの管理

ノート内で文字を太文字にすることもできる、タイトルも付けられる。引用タグもある。写真の投稿もできます。まさに長文用です。

参考ページ:ノートの作成|Facebookヘルプセンター

「もっと見る」はクリックされない

「もっと見る」をクリックして続きを読んでいらっしゃいますか。企業のfacebookページ運用では「もっと見る以降は読まれない」から最初の3行以内収めよう。なんてよく言われてますよね。

もちろん、最初の3行で惹きつけられて「続きを読みたい!」と思えるなら全然良いと思うんですが、言うほど簡単じゃないですよね。個人レベルでやってるぶんには良いと思うのですが、企業の場合だと好き勝手にかけるわけでもないですしね。

最後に

「近況」での長文は「読みづらい」「流れ落ちる」「読まれない」ので僕は書きません。

どれだけ仲のいい人の投稿でも長文はほとんど読んでいません。Facebookのタイムラインで長文を読む気にならない。「いいね」だけ押してるぐらい。

写真もつけて、読みやすいように見た目も文章構成も作り込んでいて、「もっと見る」までで投稿で何が何が言いたいのかが分かって、続きが読みたいと興味関心が持てるクリエイティブされた長文だったら読むかも。

やっぱり、Facebookの近況でそこまで労力を費やすのならブログに書けばいいと思いますけど。しつこくてスイマセン。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事