WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > WEBサイトに埋め込んだYouTubeの動画をカスタマイズできるWEBサービス【reEmbed】

WEB担当者

2014年10月5日

WEBサイトに埋め込んだYouTubeの動画をカスタマイズできるWEBサービス【reEmbed】

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ホームページやブログにYouTubeの動画を貼付ける(埋め込んでいる)会社も増えてきていますが、貼付けた動画の表示画面を変えたいと思われた事はありませんか?

会社のカラーに合わせたり出来たら、カッコイイですよね。

スポンサードリンク

reEmbed

「reEmbed」を使うとホームページやブログなどでのYouTube動画の使用をかなりカスタマイズすることができます。

プレイヤーのカスタマイズ

reEmbedのプレイヤー選択
動画のプレイヤー(再生ボタンや表示画面)が6種類から選ぶ事が出来ます。

reEmbedのプレイヤーカスタマイズ
プレイヤー内で使う色も変更する事が出来ます。リンク付きロゴを重ねることもできます。

アナリティクス機能

reEmbedの解析機能
reEmbedには解析機能が備わっています。

  • WEBサイト上でのインプレッション数
  • WEBサイト上での再生回数
  • リアルタイムでの視聴状況
  • Topビデオリスト
  • WEBサイトごとのインプレッション数(WEBサイト登録が必要)

WEBサイト内に埋め込んだYouTube動画の解析ができるのは貴重ですね。インプレッションがあるのに再生されていなかったり、そもそもインプレッション数が少なかったりと改善ポイントを探ることができます。

WEBサイトへの導入方法

reEmbedを有効にするためには少し作業が必要です。どんな作業かというとGoogleアナリティクスの設定とほとんど同じです。

WEBサイトに一度反映させれば、そのWEBサイト内のYouTube動画を全て自動でreEmbed化してくれます。

reEmbedのWEBサイトへの導入方法

一般的なホームページの場合

HTMLなど一般的な作り方をしている場合はhead内にソースコードを貼付けます。
reEmbedをホームページで有効にする

wordpressで作られたホームページの場合

wordpressの場合はプラグインがありますので、プラグインをインストールして有効化すればOKです。
reEmbedをwordpressで有効にする

ぜひあなたのホームページにも導入してYouTubeの動画をあなたのホームページに最適化してみてください。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事