WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > WEBページやブログ記事で公開&更新日付を表示するは大事。

WEB担当者

2015年1月20日

WEBページやブログ記事で公開&更新日付を表示するは大事。

Twitter 2 Facebook 1 Google+2 はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

WEBマスターの手帳を読んでくださっている方の多くはググるリテラシーの高い方でしょう。おそらくGoogle検索をする時も「検索ツール」を使って公開された日時のフィルターを使っていることでしょう。

その情報がいつ公開されたのかって大事ですよね。特にソーシャルメディアの情報やwordpressなどの情報など変更が多い場合は、検索結果に表示されたWEBページの内容が古くて参考にならない事もありますよね。

WEBマスターの手帳でも投稿の中には情報が古くなってしまっているものもあります。そういった記事を見つけると注釈を入れるようにしています。

スポンサードリンク

公開日時は表示させておいた方が良い

そのWEBページがいつ作られたのか。その投稿がいつ公開されたのか明示されていないと、その内容が「今」の参考になるのかわかりません。

例えば税金の話などは税制が変わったりすると参考にならない事もあります。それなのに公開された日付が書かれていないと、それだけで信用度が下がってしまいます。

信用度が下がってしまうと「もしかしたら情報が古いかも」と思って他のWEBページを探しにいきます。WEBサイトの運営側からすれば「離脱」してしまっているので、もったいないですね。

ウェブマスターツールでもエラーが出る

ウェブマスターツールの検索のデザイン→構造化データをチェックしてみましょう。更新日時が記載さていないと「updatedがありません」というエラーが出ているかもしれません。

エラーは無いに越した事はありません。ブログ投稿やWEBページには公開日時と更新日時(重要度は更新日時の方が上)を表示するようにしましょう。

情報の鮮度も1つの価値

僕は「情報の鮮度」も1つの価値だと思っています。例え過去に書かれていて、今でも有効な公開されていたとしても、そこに「今も有効なのか」の確証が得られない(その新鮮さが分からない)WEBサイトよりもリライトして内容が似ていても公開日時が表示されていて、公開時点での有効を提示してくれていた方を読みます。

SEOとしても大事

公開日や更新日を明示しているWEBサイトは評価されます。最新情報であることを評価する。Googleも同じ考えです。

最新情報かの判断をさせないように、逆に更新日を表示させないようにするという事をしている人もいらっしゃるようですが、個人的には表示させないメリットよりもデメリットの方が断然に大きいように思います。

公開日、更新日をわざと表示させないというのは、姑息というか、その場しのぎ感が凄くします。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事