動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

人間として生きるためにも対価は受け取ろうと思った言葉

この記事は、最後の更新が【2016年3月19日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

フリーで活動するようになり、
自分の働きに対しての【対価】を要求することへのブロックを外すことがなかなか難しい。

理由はいろいろ

  • 実績が少ない
  • 自分の働きに対しての価値を見いだせていない
  • 自分が定まっていない

自分の場合は、特に「定まっていない」という現状にやられていました。
あれも、これもなんでもできるという状態が自分自身を混乱させていた。

結果、中途半端な感じがしていて、自分の働きに対しての価値を見いだせなくなっていました。

これは、自分を整理して、実績を増やせば解決するのですが、
そんな時に、仕事仲間のお姉さんの一言にハッとしました。

対価を得る

気づかされた一言

仕事に対してリスペクトがある。 だから、その仕事に費やされた時間と働きに対価を支払う。


この世で最も価値のあるものは【時間】

なぜなら、
自分が使える時間=命。

その時間を費やした働きに対して対価をもらうのは当然。
対価を支払うのも当然。

払わないのは、相手を人間として扱っていないのと同じ。
受け取る側も、もらわないのでは奴隷と変わらない。

あなたは、ちゃんと対価を得ていますか?