WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > ホームページで資料やテキストをダウンロードできるようにする方法

WEB担当者

2013年4月3日

ホームページで資料やテキストをダウンロードできるようにする方法

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ホームページで資料やテキストをダウンロードできるようにする方法

ホームページで、資料やテキストをダウンロードできるようにしたいと思うことはありませんか?
無料テキストやPDF資料などを誰でもダウンロードできるようにする方法をご紹介します。

圧縮ファイルを用意する

まずは配布したい資料データを圧縮ファイルにしましょう。
圧縮することでダウンロード時の時間短縮になります。
圧縮ファイル

サーバーにアップ

自社のホームページで使用しているサーバー(他のサーバーでも可)に圧縮したデータをアップロードします。
その際にFTPサーバーに接続してファイルのアップロードやダウンロードを行うソフトを使うとスムーズです。

Macの方にはCyberduckがオススメ

Cyberduck (Mac) – ダウンロード
Cyberduck …

ホームページにリンクを貼る

アップロードが完了したら、URLを確認しましょう。
URLとは、どこにデータがあるのかを示す住所なので、ここが間違っていると正しく機能しません。

例えば
//homepage-reborn.com/のデータが入っているフォルダ内にtest.zipをアップロードした場合、
//homepage-reborn.com/test.zipというのがデータをダウンロードする際に必要になるURLとなります。

完了

最後にホームページにリンクを貼れば完了です。
「無料資料のダウンロードはこちら」などの文章やバナー画像に、先ほど確認した「データのURL」のリンクを貼りましょう。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事