動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

独自SSLを無料で対応できる!ロリポップが新機能の提供をスタート!

独自SSLを無料で対応できる!ロリポップが新機能の提供をスタート

Webサイトを管理運用しているWeb担当者として、WebサイトのSSL対応(https対応)は早急に対応すべき項目です。

Googleも「常時SSL対応しているWebサイトを優遇する」と公式に発表したほど、需要が高まっています。

Webサービスなどでも、続々と「SSL対応」のニュースがでていますが、ついに「ロリポップ!」が独自SSLを無料で使える新機能を発表しました!

ロリポップ!で独自SSLが無料で使える!

ロリポップ!で独自SSLが無料で使える!

今回、発表された「独自SSL(無料)」は、すべてのプランで利用することができるそうです。利用する「SSLサーバー証明書」は「Let’s Encrypt」とのことです。

「ロリポップ!」は、無料のSSLサーバー証明書(独自SSL(※1))である「Let’s Encryptレッツ エンクリプト」を簡単に設定できる『独自SSL(無料)』機能を、本日2017年7月11日(火)より提供開始いたしました。
出典元:「ロリポップ!」が無料の独自SSLを導入できる機能を提供開始 〜全プラン対象、サーバー月額料金のみでウェブサイトを簡単に常時SSL化〜 | プレスリリース | ニュース | GMOペパボ株式会社

ロリポップ!で「独自SSL(無料)」を設定する方法

ロリポップ!にログインをして「独自SSL証明書」を開くと、独自SSL(無料)という項目が表示されます。

あとはSSL対応したい独自ドメインにチェックを入れて「独自SSL(無料)を設定する」をクリックするだけです。

Webサイト側でもSSL対応が必要

ちなみにロリポップ!で独自SSLの設定をしても、Webサイト側でSSL対応をしないと、SSL対応は完了しません。

各ページ内にあるURLの修正(httpからhttpsへ)など、いろいろとやることがあります。

WordPressで作られているWebサイトの場合は「エックスサーバーでWordPressをSSL化(https対応)する方法 | WEBマスターの手帳」を参考にしてください。

ロリポップを使っている人にとってSSL対応するいい機会

以前から「独自SSL(PRO)」を使えばSSL対応をすることができましたが、有料なので躊躇していたという方は、この機会にSSL対応をされるといいかと思います。

ロリポップ!だけでなく、他でもSSL対応が進んでいますので、あなたのWebサイトが取り残されないようにしましょう!

「ロリポップ!」レンタルサーバー「ロリポップ!」レンタルサーバー