WEBマスターの手帳 > ブログ > Facebookが検索機能を強化!「Facebook Search」の導入が始まった。

2015年10月23日

Facebookが検索機能を強化!「Facebook Search」の導入が始まった。

PR

Facebookがいよいよ本格的に「Facebook内の検索」の強化に動き出してきたようです。

まだ対象は米国となっていますが、遠くない将来に日本でもFacebook内の検索で、ストレスなく投稿などを見つけられるようになりそうです。



Facebook上の投稿が、より検索できるようになる

これまでFacebook内の検索機能では、友達やいいね!をしたページの投稿しか探すことができませんでしたが、今後は一般公開された投稿全てが検索対象となるようです。

検索時には「パーソナライズ」された検索サポートと共に、検索結果の表示も「友達の投稿」「一般公開されている投稿」など、いくつかの分類に分けて表示されるようです。

どれだけ検索できるようになるのか期待大

憶測ですが

最近、Facebookで「2年前に自分が投稿した内容」が表示され、シェアしましょうと呼びかけられた経験があると思います。

これまでFacebook上の投稿は流れ去り、掘り起こそう(探そう)としても、思うように検索できず、見つからないというイメージを持たれていたFacebookですが、去年から力を入れていた「投稿のインデックス化」が実を結んできたのかなと勝手に想像をしています。

インデックス化が進めば、それだけ検索も強化されていくでしょう。

投稿時のプライバシー設定に、より注意が必要

検索の強化により、Facebookで後々検索されることがない(振り起こされることがない)と油断して投稿したものが検索によって見つかってしまうことになるかもしれません。公開範囲の設定や公開対象の設定は今のうちから、しっかりと対応しておくべきですね。

Search FYI: Find What the World is Saying With Facebook Search

自分はFacebookでつながっている友人を「リスト」で分類しているので、投稿時にも「投稿のプライバシー設定」で見れる人を制限しています。

海外の友人向け、日本国内の友人向け、特定のグループ向けなどに分けることで、コントロールすることは、今後必要になってくるでしょうね。

関連用語: ,

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事