【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース by Udemy

やっとTwitterアカウントを複数人で運用しやすくなる「TweetDeck Teams」を使えばね。

Twitterアカウントを複数人で運用しているという企業も多いはず。Twitterは、Facebookページのように管理人を追加したりできなくて不便ですよね。

チーム体制を作って、複数人でツィートしたり、つぶやきの監視をしているというのはリスクヘッジにもなるので、担当者1人というよりも理想的です。

Twitter運用のためのWEBサービスやソフトもありますが、やっとTwitterが複数人で運用している人たちのことを考えてくれたみたいです。

TweetDeck Teams

もしかしたらTwitterアカウントのログインパスワードをチーム内のメンバーで共有して、それぞれが運用する際に、その都度ログインしていたなんて会社もあるかもしれません。

パスワードの共有というのは、流出のことを考えると極力避けたいですよね。特に企業なら尚更だと思います。

これからは「パスワードの共有」ではなく「管理するユーザーの追加」というFacebookページと同じような運用が可能です。ただしTweetDeckを使わないとできません。

TweetDeck(ツイートデック)とは、Twitterの公式クライアント・アプリケーションの1つである。 カラムと呼ばれる「列」ごとにソーシャルメディアの友達や話題を割り当てて分類することで、混乱を起こさずに一覧表示できる。/引用元:TweetDeck – Wikipedia

Windows:TweetDeck – ダウンロード

TweetDeck by Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

運用メンバーの追加

TweetDeckで運用するメンバーを追加していけばOKです。権限も管理者と投稿者(ツィートしたり、フォローしたりなどが出来る)と選べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA