WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > コミュニティマネージャー > やっとTwitterアカウントを複数人で運用しやすくなる「TweetDeck Teams」を使えばね。

やっとTwitterアカウントを複数人で運用しやすくなる「TweetDeck Teams」を使えばね。

Twitter 4 Facebook 1 Google+2 はてブ 3 Pocket 1 チャットワーク Eight Feedly

Twitterアカウントを複数人で運用しているという企業も多いはず。Twitterは、Facebookページのように管理人を追加したりできなくて不便ですよね。

チーム体制を作って、複数人でツィートしたり、つぶやきの監視をしているというのはリスクヘッジにもなるので、担当者1人というよりも理想的です。

Twitter運用のためのWEBサービスやソフトもありますが、やっとTwitterが複数人で運用している人たちのことを考えてくれたみたいです。

スポンサード


TweetDeck Teams

もしかしたらTwitterアカウントのログインパスワードをチーム内のメンバーで共有して、それぞれが運用する際に、その都度ログインしていたなんて会社もあるかもしれません。

パスワードの共有というのは、流出のことを考えると極力避けたいですよね。特に企業なら尚更だと思います。

これからは「パスワードの共有」ではなく「管理するユーザーの追加」というFacebookページと同じような運用が可能です。ただしTweetDeckを使わないとできません。

TweetDeck(ツイートデック)とは、Twitterの公式クライアント・アプリケーションの1つである。 カラムと呼ばれる「列」ごとにソーシャルメディアの友達や話題を割り当てて分類することで、混乱を起こさずに一覧表示できる。/引用元:TweetDeck – Wikipedia

Windows:TweetDeck – ダウンロード

TweetDeck by Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

運用メンバーの追加

TweetDeckで運用するメンバーを追加していけばOKです。権限も管理者と投稿者(ツィートしたり、フォローしたりなどが出来る)と選べます。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事