WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > WEB広告 > 個人事業だけどGoogleのAdWords認定資格セミナーに参加してガッチリ勉強してきた!

WEB広告

2015年2月19日

個人事業だけどGoogleのAdWords認定資格セミナーに参加してガッチリ勉強してきた!

OkE_b1Bz.png
Twitter 2 Facebook Google+ はてブ 4 Pocket チャットワーク Eight Feedly

いい加減、GoogleAdWordsに対して「独学」でいるのはよくないなと思っていたところ「2日間で取得完了!AdWords認定資格セミナー(Google主催)」があったので参加してきました。

このセミナーは広告代理店の方が「Google Partnerステータス」を取得するために認定資格が必要なために受けるものです。運転免許の免許更新で受ける「講習」みたいなものですかね。

スポンサードリンク

GoogleのAdWords認定資格セミナーってどんなもの?

Google Partnerステータスを取得するためには「認定資格(初級試験と上級試験の検索広告orディスプレイ広告に合格)」が必要です。

GoogleのAdWords認定資格セミナーは「AdWords試験」に合格する事を目標としたセミナー(無料)です。

日程は全2日間。初日は「初心者向け試験トレーニング&受験」(半日)、2日目は「検索広告の上級者向け&ディスプレイ広告の上級者向けトレーニング&いずれかの受験」(1日)となっています。

試験対策トレーニングでは「初心者向け」「検索広告の上級者向け」「ディスプレイ広告の上級者向け」それぞれ3時間ほどの講義が受けられます。

講義の中で講師の方が丁寧に試験に出題されるポイントを教えてくれるので、自力で試験勉強するよりも合格率は高いと思います。

また自分のように「試験の合格」は正直、関係ない人でも3時間ビッチリ講義を受けられるので、知識の底上げになります。スライドのスマホでの写真撮影も講義中の録音も禁止されており、配布されるテキストは試験終了後に回収されるので、みなさん必至にメモを取っていました。自分も久々に腱鞘炎になるかと思うほどメモを取りました。

セミナー参加の注意点

講義の進み具合もテンポよくスピーディーに進むので、AdWordsの知識がある or WEBに強くないとアッと言う間に置いて行かれると思います。途中で脳内ショートして諦めた人もいそうな感じです。

今回は60〜70名ほどの方が参加しており、会場もそこそこの広さだったのですが、初日は開始時間ギリギリに着いたので後ろの席になってしまいスライドの文字が見えませんでした。(スライドと同じ資料は配布されません。スライドの一部が配布資料になっています)

GoogleのAdWords認定資格試験の勉強方法

GoogleのAdWords認定資格の試験対策ガイド

GoogleのAdWords認定資格試験の試験勉強として「試験対策ガイド」があります。試験対策だけでなくGoogle AdWordsの知識を深めたいという方は一通り読まれると良い勉強になるはずです。
GoogleAdWords試験対策ガイド

参考:試験対策ガイド – Google Partners

試験の内容

GoogleAdWords認定資格の検索広告上級試験

試験はオンラインでどこからでも、いつでも受験ができます。受験時間は2時間が用意されていますが、自分は「初心者向け」「検索広告の上級者向け」「ディスプレイ広告の上級者向け」のどれも40分程度で終わりました。(セミナー内での受験では「検索広告の上級者向け」か「ディスプレイ広告の上級者向け」を選んで受験します。自分は帰宅後に残りの1つを受験しました。)

Google Partner

Google Partner

Google Partnerとは何かというと「Google AdWords」をメインとしたオンラインマーケティングの知識を要しているとGoogleが認定した人(代理店)のことです。

参考:広告主様向けガイド: Google 認定パートナーによるサポート サービスについて – Google AdWords

Google Partner バッジを保持している代理店は、Google のサービスを熟知しており、優れたサービスの提供および Google の成功事例を実践できる良好なビジネス パートナーです。/引用元:Google Partners

GooglePartnerステータスの取得

Google配布資料

Google PatnerのWEBサイトでは「試験の受験」だけでなく、プロフィール設定や最新ニュースなどを受け取れます。
Google Partnerのニュース

Google Patnerを探せる

GoogleAdWordsに取組みたい企業が「運用代理」などを依頼できるGoogleが認定している代理店を探せるサービスでもあります。
GooglePartner検索

参考:Google Partners

仕事が得られるわけではない

Google Partnerになったからといって、信頼獲得にはなるかもしれませんが仕事が発生するわけではありません。

車の運転免許と同じですね。運転免許を持っているからといって「仕事」が発生する事はありませんし、威張るようなことでもありません。運転免許を持っているからと言って「運転技術が高い」ということでもありませんね。

知識がある(知っている)だけでは価値はありません。「知っている=出来る」ということではありませんね。

Google Partners登録方法

まずはGoogle検索で「Google Partner」と検索してGoogle PartnersのWEbサイトへ行きます。個人の方は右上の「Partnerを探す」をクリック。
Google Partners登録方法

Google Partnerの検索ページで「ログイン」をクリックしてGoogleアカウントにログインすれば、アカウント作成ページが表示されますので必要項目を記入すればOKです。
Google Partners登録方法2

Google Partnerステータスの取得要件

googlePartnerステータスの取得要件

Google配布資料

認定資格

Google Partnersでは認定資格を取得するための試験が受けられます。AdWords、Analytics、動画広告などの試験があります。

またそれぞれの試験対策ガイドも用意されているので(Analyticsに関してはGoogle主催のセミナーはないそうです)、知識を得たい、ちゃんと勉強したいという方にも役立つと思います。

なんで試験を受けたの?

GoogleAdWords認定資格

冒頭でも書きましたが「知識を整えるため」です。独学だと抜け漏れって、けっこうありがちです。ですので基礎知識を固めるために勉強をしました。

試験はおまけで「勉強したこと理解度を測る」ためです。自分は広告代理店の人間でもないですし、代理店にはなれないので試験に合格してもたいしてメリットはありません。

WEB広告に関する試験はGoogleだけでなくYahooも「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験」もあります。

※Google内では写真撮影が禁止なので写真はありません。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

OkE_b1Bz.png

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事