WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > コミュニティマネージャー > iMoveからYouTubeへ動画の共有でアップロード先を指定する方法

コミュニティマネージャー

2014年10月17日

iMoveからYouTubeへ動画の共有でアップロード先を指定する方法

76ed137ffbfabb0a9236a8b94f7e8a78.png
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

iMovieの動画編集が快適でVlogではFinal Cut ProではなくiMoviでサクサク済ませようかなと思っている遠藤です。

iMovieでもFinal Cut Proでも動画が出来たら直接YouTubeへアップロードすることが出来ますよね。アップロードできるのは良いのですが、1つのGoogleアカウントで複数のYouTubeチャンネルをもっている場合、どのチャンネルに動画がアップロードされるかを選べるのをご存知でしたか?

スポンサードリンク

デフォルトチャンネルを設定する

iMovieやFinal Cut ProからYouTubへ直接動画を共有する際のアップロード先の指定には「デフォルトチャンネル」で設定をします。

まずはデフォルトチャンネルを見てみましょう。初期設定のままの場合は個人アカウントがデフォルトチャンネルになっているはずです。「アカウント設定→概要→詳細設定」と進んでください。
Youtubeのデフォルトチャンネルの確認

デフォルトチャンネルに設定されていると↓のような表示になっているはずです。
youtubeのデフォルトチャンネル

特定のYouTubeチャンネルをデフォルトチャンネルにする

個人アカウントのYouTubeチャンネルではなく会社のYouTubeチャンネルをデフォルトチャンネルに指定する場合は、まずYouTube画面右上のアカウント変更で会社のYouTubeチャンネルに移ります。
Youtubeのアカウント変更

アカウントを変更したら、個人アカウントでデフォルトチャンネルを確認した時と同じく「アカウント設定→概要→詳細設定」と進みます。そして「デフォルトチャンネル」のチェックボックスにチェックを入れて保存すれば完了です。
Youtubeのデフォルトチャンネルの指定変更

方法自体は非常に簡単ですね。毎回アップロードするYouTubeチャンネルを選べると良いのですがそれはできないので、デフォルトチャンネルを変更したら間違って動画をアップロードしないように注意してくださいね。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

76ed137ffbfabb0a9236a8b94f7e8a78.png

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事