複数の「スマホ決済(QRコード決済)」を一括導入できる店舗向けサービスまとめ

YouTubeチャンネル登録とは?登録すると何か良いことあるの?

YouTubeチャンネル登録すると何か良いことあるの?

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回は、YouTubeチャンネルチャンネル登録についてです。

YouTubeチャンネルのチャンネル登録とはなにか、そして、チャンネル登録をすると、どうなるのかについて考察をしていきます。

YouTubeチャンネル登録ってなに?

YouTubeチャンネル登録

まずはYouTubeでの「チャンネル登録」について説明をしておきます。

チャンネル登録とは、YouTubeチャンネル(動画を公開しているアカウント)をお気に入り登録することです。

Facebookの「Facebookページにいいねを押す」や、Twitterで「フォローする」のとほとんど同じです。

YouTubeチャンネルをチャンネル登録をすると、YouTubeを開いたときに、チャンネル登録をしたYouTubeチャンネルの動画が表示されたり「登録チャンネル」のタブで、登録したYouTubeチャンネルの動画を一覧表示で見ることができます。

「登録チャンネル」のタブ

チャンネル登録の横にある「ベルアイコン」

実際のところ、YouTubeのチャンネル登録をしただけでは、そのYouTubeチャンネルで新たに公開された動画を見落とすことがあります。

そこで、「ベルアイコン」をタップして、YouTubeチャンネルの通知をオンにしておくと、そのYouTubeチャンネルの更新情報がメールなどで通知されるようになります。

YouTubeのベルアイコン YouTubeの通知をオンにする

YouTubeで気に入った動画は「再生リスト」を作って、再生リストに追加をしておくと、あとですぐに視聴することができます。

YouTubeの再生リスト

YouTubeチャンネル登録する意味って本当にあるの?

本当にYouTubeチャンネルのチャンネル登録は必要なことなのでしょうか?

動画を見ているユーザーにとって「チャンネル登録」をするメリットは?

動画を見ているユーザー側のチャンネル登録のメリットってなんでしょうか。

さきほども書きましたが、チャンネル登録をしておくと、登録したチャンネルの動画を見やすくなります。

YouTube画面(PCで見たとき)の左側に登録したチャンネルが並び「自分が見ていない動画の数」が表示されるので、新しく動画が公開された時に気づきやすいです。また画面の中央部分にも登録したチャンネルの動画が並びます。

Youtubeチャンネル登録するメリット

自分が気に入った動画があって、その動画を公開しているチャンネルの他の動画も好きそうであれば、チャンネル登録をしておくと新しい動画が公開された時に見つけやすくなります

ですが、気に入った動画が1つであれば、再生リストに追加しておけば、YouTubeチャンネルを登録するまでは必要ないでしょう。(YouTubeチャンネルに登録をすると、そのYouTubeチャンネルの全ての動画が対象になる)

再生リストに追加する

チャンネル登録以外にフォローする方法

YouTubeのチャンネル登録以外にも、メール購読(【動画】YouTubeチャンネルの更新情報をメールで受け取るのがかなり便利!)や、RSSフィード購読(実はかなり簡単!YouTubeチャンネルをRSS購読する方法 )をすることで、そのYouTubeチャンネルの動画を見逃さずに済みます。

登録した全てのYouTubeチャンネルの動画が表示されるわけではない

左サイド(PCで見ている場合)の登録チャンネルのリストには全て(途中で折り込まれる)リスト化されていますが、中央部分は「人気のチャンネル」や「最近訪問したチャンネル」「よく見ているチャンネル」などからYouTube側で自動で表示されるため、自分が登録しているチャンネルの動画全てが表示されているわけではありません。

自分は定期的に登録チャンネルの断捨離をしています。エンタメ系は何本か見ていると飽きてくるし、そのチャンネルが人気だったりすると執拗以上にそのチャンネルの動画が出てくるので煩わしい。

断捨離すると、今まで追いやられていたチャンネルの動画が出てきて新鮮です。

YouTubeで動画を公開している人にとっての「チャンネル登録」とは

正直、チャンネル登録はチャンネル運営者のため(ひいてはYouTubeのため)にあるようなもので、YouTubeもチャンネル運営者には「チャンネル登録者数を増やしましょう!」と啓蒙をしてます。

チャンネルとは、今すぐ見たい動画や、後から見たい動画を視聴者に見つけてもらう場所です。チャンネルに繰り返しアクセスしてもらい、アップロードしたコンテンツを見てもらうために、チャンネル登録を促しましょう。

チャンネル登録者のメリット – YouTube

そもそもYouTubeやチャンネル運営者からアプローチしない限り、ユーザーはチャンネル登録はしてくれません。

チャンネル登録者はあなたの最大のファンであり、YouTubeで成功を収めるために欠かすことができない存在です。オリジナル コンテンツを作成する場合は、チャンネル登録者数を増やすことが、最も効果的かつ短期間で総再生時間と再生回数を増やすことにつながります。

チャンネル登録者のメリット – YouTube

確かに、本当に動画のファンやチャンネルのファンだという人が登録してくれていればそうだと思います。

ですが、Facebookページのいいねの獲得とまったく同じで、ファンを増やすことが大事ですが、いいねの数(YouTubeでいえば「チャンネル登録者の数」)が最重要ではありません。いいねを買って、いいね数が増えても無意味なことはご存知でしょう。

広告収益化の条件になっている

YouTubeで公開している動画に広告を掲載(動画の再生前に流れるCMなど)して、収益を得るには「YouTube パートナープログラム」に参加する必要があります。

そして、YouTube パートナープログラムに参加をして動画を収益化(広告収入を得る)するには、以下の2つの要件を満たす必要があります。

  • 過去12か月間の総再生時間が4,000時間
  • チャンネル登録者が1,000人以上

つまり、YouTubeで動画を投稿して広告収入を得たい人にとって、自分のYouTubeチャンネルをチャンネル登録している人が「1,000人以上」にならないとダメなわけです。

資格要件の変更で小規模YouTubeチャンネルは広告収入(収益化)が得られなくる。 | WEBマスターの手帳

相互チャンネル登録は限りなく黒に近いグレー

チャンネル登録を仲間同士でしたり、YouTube Space Tokyoのイベントで知り合った人とチャンネル登録をし合ったりしてましたが「相互」という言葉がどうも引っかかる。

完全にSEO思考のせいなのですが、相互=スパムという印象を持ってしまいます。

結局のところ「チャンネル登録者数」の自作自演ですよね。

結論:チャンネル登録はそこまで重要じゃないね

動画を見ている側にしたら、そんなに踊らされる理由はなくて、本当にチャンネルのファンになったらチャンネル登録するぐらいで十分です。

チャンネル運営者側もチャンネル登録者数を増やすことばかりに気を取られていないで、良いコンテンツ(動画)を作ることに注力したほうがいい。SEOの世界を見てきた自分としては時代は繰り返すが起こっているようにみえます。

【2015年版】新たにYouTubeマイチャンネルを作る5ステップ
ビジネスに貢献するYouTubeチャンネルづくり【トップページを充実させよう】