コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

WordPressのデーターベース(MySQL)をバージョンアップする方法【エックスサーバー】

WordPressのデーターベース(MySQL)をバージョンアップする方法【エックスサーバー】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回は、エックスサーバーでWordPressのデーターベース(MySQL)をバージョンアップする方法を解説します。

WordPressにはバージョンアップ(更新)が付きものです。テーマ、プラグイン、phpなどバージョンアップが必要なものはいろいろありますが、データベースのバージョンアップも必要です。

注意

この記事に書かれている通りにやって、エラーが起こった、データーベースが壊れたなどのトラブルが起こっても、当方では責任を持てません。復旧対応もできかねます。

WordPressが推奨しているデーターベースのバージョン

現時点(2020年1月7日)で、WordPressが推奨しているデーターベースのバージョンは「MySQL 5.6 以上、または MariaDB 10.1 以上(出典元:要件 | WordPress.org 日本語)」となっています。

phpと同様に、データーベースのバージョンが古いと、Webサイトの脆弱性(セキュリティのリスク)が増す可能性があるので、可能な限り推奨されているバージョンに対応しましょう。

先日、紹介をしたWordPressの「サイトヘルス」でも、データーベースのバージョンが古いと「セキュリティ」の問題点として指摘されます。

WordPressのサイトヘルスでデーターベースの指摘

WordPressで使っているデーターベース(MySQL)のバージョンアップでは、2つの作業を行います。

  1. データーベースのバージョンアップ作業
  2. WordPressのWp-config.phpの情報を更新する

利用しているサーバー(レンタルサーバーなど)によって、データーベースのバージョンアップする方法が異なります。

新たにデーターベース(バージョンアップした)を用意して、そこに今使っているデーターベースを移行するのが一般的なやり方です。

今回は、エックスサーバーでのデーターベースのバージョンアップのやり方を解説します。

まずはデーターベースのMySQLバージョンアップ作業からはじめます。

エックサーバーでデーターベースのMySQLバージョンを更新をする

エックサーバーで、データーベースのバージョンアップをするには「MySQL移行ツール」を使います。

そうなんです。エックサーバーにはデーターベースの移行ツールが用意されているので、クリックをするだけでデーターベースのバージョンアップができます。

エックスサーバーでデーターベースのバージョンアップをする
注意

データーベースのバージョンアップをする前に、必ずいま使っているデーターベースのバックアップをとりましょう。バックアップの取り方は「これで安心!WordPressのファイルとデータベースをバックアップする方法 | WEBマスターの手帳」を参照してください。

「MySQL移行ツール」を開くと、注意事項が書かれているので、全てに目を通しましょう。

この時に「移行時に必要な作業について」に書かれているMySQLのホスト名(変更後)をコピペしておきましょう。

MySQL移行後のホスト名

問題なければ「MySQL移行ツールの利用を開始する」をクリックします。

MySQL移行ツールの利用を開始する

今回、私がMySQL移行をしようとすると「MySQLユーザーのパスワードの変更」を求められました。

MySQLユーザーのパスワードの変更を求められた

MySQLユーザ一覧から、指摘されたユーザのパスワード変更をしました。

MySQLユーザのパスワード変更

パスワードを変更後に、あらためて「MySQL移行ツール」を開くと通常の画面が表示されました。

この画面で、バージョンアップをしたいデーターベースの右に表示されている「移行(確認)」をクリックします。

バージョンアップをするデーターベースの選択をする

データベースの追加をする確認画面が表示されます。OKであれば「MySQL5.7へデーターベースの追加(確認)」をクリックします。MySQLの最新バージョンが変われば、MySQL5.7ではなく、5.8や5.9などが表示されると思います。

MySQL5.7へデーターベースの追加

私の場合は、この後に「期限切れページ」が表示されて、一瞬ドキッとしましたが、あらためて「MySQL移行ツール」を開くと、状態が「移行完了」となっていました。

エックスサーバーで期限切れページが表示された エックスサーバーでMySQLの移行が完了

WordPressのwp-config.phpの情報を更新する

データーベースのMySQLバージョンを更新したら、WordPressのwp-config.phpに記載している情報(MySQLのホスト名)も変更します。

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'ココを変更する');

↑の「ココを変更する」に書かれているホスト名を、先ほど「MySQL移行ツール」の注意書きに書かれていた(コピペをしておいた)MySQLのホスト名に書き換えるだけでOKです。

wp-config.phpを書き換えて、サーバーに保存をしたら、Webサイトが正常に表示されているかを確認しましょう。

正しく書き換えられていれば、いつも通りにWebサイトもWordPressの管理画面も表示されます。

¥