複数の「スマホ決済(QRコード決済)」を一括導入できる店舗向けサービスまとめ

CVにつながっている検索キーワードを探せ!GoogleアナリティクスとSearchConsoleの合わせ技。

CVにつながっている検索キーワードを探せ!GoogleアナリティクスとSearchConsoleの合わせ技。

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。

Webサイトのアクセス分析をするときに、Webサイトのコンバージョン(問い合わせ、商品の購入、資料ダウンロード、特定ページの訪問など)につながっているページに、どんな検索キーワードからの流入があるのかをチェックしていますか?

コンバージョン(CV)につながっているページの分析をすることで、どんな検索キーワードに力を入れたらいいのか、あるいは、修正を加えたらいいのか、そのヒントを得ることができます。

今回は、GoogleアナリティクスSearch Consoleを使って、コンバージョンにつながっている検索キーワードを探ってみましょう。

Googleアナリティクスでコンバージョンにつながっているページを確認する

まずはGoogleアナリティクスで、Webサイトのコンバージョン(目標)につながっているページ(コンバージョンが発生しているページ)を確認します。

Googleアナリティクスでコンバージョン(目標)の設定をしていないとデータを見ることができません。

コンバージョンの設定をしていない場合は、まずは設定をしてください。

Googleアナリティクスの管理画面を開いて「行動」>「サイト コンテンツ」>「ランディングページ」と開きましょう。

Googleアナリティクスでコンバージョンが発生しているページをみる

ページのURLが並んでいる表の右端に「コンバージョン」の項目があります。ここの「目標の完了数」が、それぞれのページにおけるコンバージョン数です。

コンバージョン数(目標の完了数)をみて、コンバージョンが発生しているページを確認しましょう。

コンバージョンの右横にある「すべての目標」をクリックすると、設定している目標、1つ1つのデータ表示に切り替えることができます。

「目標の完了数」をクリックすると、数の多い順に並び替えることができます。コンバージョン数が多いページのURLを、メモ帳にコピペしておきます。

Search Consoleで検索キーワードをチェックする

続いてSearch Consoleの「検索パフォーマンス」を開きます。

search consoleの検索パフォーマンス

「検索パフォーマンス」を開いたら、表示するデータを、Googleアナリティクスで確認をした「コンバージョンにつながっているページ」に絞り込みます。

「検索タイプ」「日付」の右横にある「+新規」をクリックしましょう。絞り込む項目が表示されるので「ページ」をクリックします。

search consoleでページを絞り込む

ページURLを入力する画面が表示されるので、Googleアナリティクスで確認をしてメモ帳にコピペしておいたURLを入力しましょう。入力したら「適用」をクリックします。

search consoleで絞り込むページURLを入力する

これで「コンバージョンにつながっているページ」の検索パフォーマンスのデータが表示されます。

searchconsoleで特定ページのデータをみる

「検索キーワード」と右側に表示されている「クリック数」や「表示回数」を見れば、そのページがどんな検索キーワードで、どれくらい検索結果に表示されているのか、どれくらいクリックされているのかがわかります。

「クリック数」をクリックして、クリック数の多い順に並び替えれば、コンバージョンにつながりやすい検索キーワードもわかります。

コンバージョンにつながっている検索キーワードがわかれば、その検索キーワードに関連するキーワードに対策をとることで、コンバージョンにつながる流入を増やすことができるかもしれません。

「表示回数」が多いのに「クリック数」が少ない検索キーワードがあれば、クリック数が増えるように、ページのタイトルや概要文を修正したり、その検索キーワードに最適なページを新たに作るなどの対応ができます。

このデータを「CTR(クリック率)」や「掲載順位」などでフィルターをかけて絞り込むこともできます。

search consoleでクリック率や掲載順位をみる

Webサイトを効率的に改善していこう

コンバージョンにつながっていないページを分析して、コンバージョンにつながるようにすることも大事なことです。

ですが、コンバージョンにつながっているページの分析をすることで、効率的にWebサイトを改善していくことができます。

弱いところを強化するよりも、強いところをより強化していくほうが、改善はしやすいでしょう。