fbpx
【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース【Udemy】

いいね数やシェア数だけで安易にコンテンツを評価することの危険性

いいね数やシェア数だけで安易にコンテンツを評価することの危険性

こんにちは。遠藤(@Satoshi_Endo_jp)です。今回の内容は、ソーシャルメディアやSNSに取り組んでいる企業の担当者の方なら、すでに理解している(気づいている)方も多いでしょう。

WebサイトのPV論争と同じく、ソーシャルメディアやSNSにおいても「いいね数」や「フォロワー数」を指標として使うことについて議題になることがありますよね。

SNSマーケティングにおいては、単純に「いいね数」や「シェア数」だけを見て判断してもいい場合(とにかく多くの人に認知してもらいたい、雰囲気を作りたいなど)もあるでしょう。しかし、コンテンツマーケティングにおいて、1つ1つの「コンテンツ」の出来の良し悪しを、できるだけ正確に評価をすることは、とても重要です。

では、コンテンツの出来を評価するためののデータとして「いいね数」や「シェア数」を、そのまま鵜呑みにしてもいいのでしょうか?

今回は、あくまでも、単純に1つ1つの「コンテンツ」の出来を評価することが、今回のメインテーマです。

SNSの「いいね数」はコンテンツの評価に使えるのか?

SNSでの「いいね数」が多いコンテンツは、本当に出来の良いコンテンツと言えるのでしょうか?逆に言えば、SNSで「いいね数」が少ないコンテンツは出来の悪いコンテンツなのでしょうか?

コンテンツを評価する際に、安易に「いいね数が多いから良い!」という判断をしてしまうのは、大きな評価ミスを生んでしまうことがあります。

いいね数やシェア数などの「数」だけを見るのは危険

いいね数やシェア数、コメント数などの「数」だけを見て、コンテンツを評価することはできません。

なぜ、いいね数やシェア数では、そのコンテンツを評価できないのでしょうか。

人脈やつながりの数に影響される

友達や知り合いが多い人や、人脈が広い人は、FacebookやTwitter、Instagramでのつながりの数も多いことがあります。

その、つながりの多さによって、コンテンツへの「いいね数」も多くなる場合があります。

これは「いいね」の理由が、つながりによるものであって、そのコンテンツの内容やできがいいからではありません。

他にも、何かしらのグループやオンラインサロンなどで「みんなで、いいねしよう!」とか「参加者同士でいいねしよう」などの動きがある場合に、そのコンテンツの内容や出来に関係のない理由で「いいね」や「シェア」「コメント」がされることも十分にあり得ます。

遠藤聡

グループによる「相互いいね」に、SEOの「相互リンク」をしているリンクファームが思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。私も、全くもって同質のものだと思っています。

また、つながりの理由にも注目すべきでしょう。なぜ友達が多い(フォロワーが多いのか)についても考慮すべきです。宗教やネットワークビジネス、自己啓発などに属しているのが、友達が多い理由である場合に、そこから生まれる「いいね」には、コンテンツの出来が関係ない場合が多々あります。

いいね数やフォロワー数は買える

これは何年も前から問題になっていることですが、Facebookにしても、Twitterにしても、Instagramにしても「いいね」や「シェア」「フォロー」などを、お金で買うことができてしまいます。

わかりやすい例だと「ココナラ」というWebサービスで「フェイスブック」や「インスタグラム」で検索をすると「いいねをします」という出品が見つかります(数年前に比べて、かなり減って、今ではほとんどありません。ココナラも対策をしているのでしょう)。

また「SNSマーケティング」と謳っている会社の中には、自動、あるいは機会的に「いいね!」や「フォロー」を増やすツールを提供しているところも、残念ながらあります。

遠藤聡

個人的には、なんとも不純なサービスだし、裏を返せば「良質なコンテンツを作ることができない」と公言しているなーと眺めています。そもそもSNSマーケティングと言えるのか…

このように「いいね」や「シェア」「フォロー」の数を、お金で買うことができてしまい(操作できてしまう)、そこに、コンテンツの質は全く関係ありません。

コンテンツの内容に関係なく「いいね!」は押される

SNSでの「いいね」は、そのコンテンツがいいときだけに押されるわけではありません。「いいね」を押す理由はたくさんあります。

例えば、知り合いの投稿だから、とりあえず「いいね」を押したり、その人を応援するつもりで「いいね」を押すこともあるでしょう。

ほかにも、コンテンツを消費する前に「いいね」を押している場合もあります。Twitterで、記事コンテンツに対して「いいね」を押すタイミングのアンケートをしたところ、記事を読む前に「いいね」を押している人が多いという結果になりました。

「いいね」は、良くも悪くも、気軽にできるアクションであることを意識しておきましょう。

どうやってコンテンツを評価したらいいのか

Webサイトやオウンドメディアであれば、Googleアナリティクスなどを使って、そのコンテンツの分析(滞在時間や離脱率など)をするべきでしょう。

他にも「Ptengine」などの「ヒートマップ」を使って、コンテンツがどこまで読まれたのか(消費されたのか)を見ることも必要になります。

いいね、シェア、コメントの内容をチェックする

「いいね」「シェア」「コメント」を、コンテンツの評価に使うには、その「質」を分析する必要があります。

例えば「いいね」を押しているアカウントはどんなアカウントなのかシェアは誰が、どんな形でしているのかコメントの内容などを、しっかり見るようにしましょう。

いいね!を押したアカウントをチェックする

大事なのは「いいね」を押してくれたアカウントが、どんな人なのかを確認して、そこから「いいね」などの質を評価することです。

何百もある「いいね」を1つ1つ確認することは大変な作業ですが、どのSNSでも「誰がいいねを押したのか」を一覧でみることができます。ザッと目を通して、確認するだけでもやっておくべきでしょう。

コンテンツの成果をハッキリさせておく

何よりも大事なことは、コンテンツを投稿する前(正確には作成する前)に、そのコンテンツを投稿する理由を明確にすることです

最低でも、次の2つはハッキリとさせておきましょう。

  • 誰に対するコンテンツなのか
  • そのコンテンツを通して得たいものは何か(認知?販売?)

安易に「数」で評価するのではなく、上記のような項目から、コンテンツが適切に役目を果たしているのかをチェックして、コンテンツを評価しましょう。

いいね数やシェア数だけで判断する「リスク」を忘れずに

ここまで、ゴチャゴチャと書いてきましたが、とにかく、コンテンツを評価するときに「数」だけで判断するのはやめましょう。もう一歩踏み込んで「いいね」の質をチェックしたり、コメントの内容をチェックすることを心がけましょう。

もちろん「いいね数」や「シェア数」をチェックすることが必要のないことかといえば、数をチェックしておくことも大事なことです。ブランディングや認知拡大やPRにおいては、いいね数やシェア数だけを見るだけでもいいかもしれません。

認知を広げても、売上が立たなければ、企業は成り行かなくなってしまいます。投資はリターンがなければ、ただの消費(損失)です。コンバージョン(成果や利益)から目を背けてはいけません。現に、認知拡大としては成功したけど、その認知が売上につながらなかった例は、たくさんありますよね

認知を広げるにしても、しっかりと評価に使えるデータは何なのかを意識して、ソーシャルメディアに取り組んでいきましょう。

遠藤聡

なんだか、数を重視するのは、SEOで、被リンクの数が重視されていたことを思い出します。そして、その後どうなったのか。検索アルゴリズムが変更になって、どうなったのか…