WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > Web担当者のSEO > 【一部修正】GoogleがPCとスマホでインデックスを分けると発表!さらにスマホのインデックスを最重要として扱うことに。

【一部修正】GoogleがPCとスマホでインデックスを分けると発表!さらにスマホのインデックスを最重要として扱うことに。

GoogleがPCとスマホでインデックスを分けると発表!さらにスマホのインデックスを最重要として扱うことに。

Googleが検索エンジンにおいて、大きな発表をしましたね。この発表が日本にも伝わったことで、WEB界隈が騒がしくなっています。

Googleは2015年4月21日からWEBサイトがモバイルフレンドリー(スマホ対応)であるかどうかを、SEOのランキングに影響を与えるようになりました。WEB担当者はWEBサイトの「スマホ対応」を無視できない状況となり、予定していなかったけど、スマホ対応をしたという方もいらっしゃるでしょう。

2016年10月13日に「Search Engine Land」が、「Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content」というタイトルとともにGoogleの新たな衝撃を伝えました。

Currently, Google has a single index of documents for search. Google’s Gary Illyes announced they plan on releasing a separate mobile search index, which will become the primary one.
引用元:Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content

内容は、数ヶ月以内にGoogleがモバイル(スマホ)ユーザーにより良いコンテンツを提供するために、モバイルインデックスを導入するというものです。

補足:インデックスとは、Googleなど検索エンジンが、検索結果にWEBページなどを表示するために、WEBページの情報を収集してデータベースに登録をすることです。

「Search Engine Land」の記事によると、Googleのウェブマスタートレンドアナリストであるゲイリー・イリーズ氏が「Pubcon」というイベントで講演した際に明らかにしたとのことです。



今回の発表で重要なことは2つ

今回、発表された内容で頭に入れておかなければならないポイントは2つです。

モバイルインデックスが導入される

当記事を公開後、様々な情報が出ました。特に「Googleがモバイル ファースト インデックスを導入予定、影響は?対応は? | 海外SEO情報ブログ」において、インデックスをPCサイトとモバイルサイトで分割するわけではない(なさそうである)と書かれており、私としては著者である鈴木氏の情報を正しい情報と認識致しました。

これまでGoggleは、WEBサイトやWEBページをインデックスする際に、PC(デスクトップ)向けのデータ(パソコンでWEBサイトを表示するときに使うデータ)を使っていました。

モバイル検索においても、PC向けデータがベースとなり、プラスαでスマホ対応されていれば高評価をするというやり方でした。

ですが、今回の発表により、今後は「モバイルインデックス」を導入するとしています。これは、PC向けデータのインデックスとは別にモバイル向けデータだけのインデックスをする(PC向けデータの影響を受けない)ということです。

モバイルサイトが最重要のインデックスデータになる

さらに「which will become the primary one.」と書かれているように、モバイルインデックスモバイルサイトをGoogleの最重要インデックスとして扱われる(モバイル ファースト インデックス)とのことです。

これは、スマートフォンの普及が進み、スマートフォンをメインに使う人の数は圧倒的に多くなりました。これはGoogle検索においても同じく、ググる(Google検索をする)ときに、スマートフォンを使う人の方が多くなっています。

今後はモバイルインデックスモバイルサイトがGoogleのメインとして扱われるというのは、PCがメインの時代からモバイルがメインの時代へ変化したことにGoogleも対応したということでしょう。

WEBサイト運営者がすべきこと

今後、モバイルインデックスモバイルサイトが最も重要なとしてデータとして扱われるということは、WEBサイトのスマホ対応は必須ということです。

しかも、これまでのPCが向けWEBサイトをスマホで見ても見やすいようにするといった、PC向けWEBサイトを土台として、スマホ対応を補完的にするのでは不十分かもしれません。

WEB担当者としては、PC向けWEBサイトとスマホ向けWEBサイトを別ものとして考える。PCを向けWEBサイトありきではなく、新たにスマホユーザー向けにWEBサイトをゼロから作るぐらいの意識が必要になるかもしれません。

スマホのGoogle検索が変わる!検索結果に「スマホ対応」表示が追加されたよ!

Google提供のスマホ&デスクトップ表示速度チェックツール「Mobile Website Speed Testing Tool」

WEB担当者は必見!モバイルユーザビリティをウェブマスターツールで確認できるようになったぞ!

タイミングよく風邪をひいてしまい、ニュースに乗り遅れた…

AMPもあるし、WEB担当者は休まることがないですね。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事