fbpx
【オンライン研修】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座(企業ブログ活用の重点解説付き)

Facebookで動画がパクられたら削除申請を出せるようにRights Managerを設定しよう

Facebookで動画がパクられたら削除申請を出せるようにRights Managerを設定しよう

Facebookページに動画コンテンツを投稿しているWEB担当者やソーシャルメディア担当者のあなた。動画コンテンツが第3者にパクられないように「Rights Manager」を使っていますか?

時間と労力と予算をかけて作った動画が関係のない誰かにパクられたら、そんな悲しいことはありませんよね。

Facebook上のパクリ動画を見つける「Rights Manager」

Facebook上のパクリ動画を見つける「Rights Manager」

Facebookが動画コンテンツの著作権を守るために提供している監視ツールが「Rights Manager」です。

Facebookページの管理画面の「投稿ツール」内に「Rights Manager」という項目があり、ここで動画ファイルを登録することで、Facebook上にアップロードされたパクリ動画(違法ダウンロード+違法アップロード)を見つけ出して「削除申請」をFacebookに送ることが出来ます。

各動画ファイルを「参照ファイル」として登録する

各動画ファイルを「参照ファイル」として登録する

「Rights Manager」はFacebookページにアップロードした動画を自動でオリジナルコンテンツとして認識してくれるわけではありません。

「参照ファイル」として「Rights Manager」に動画ファイルを登録(アップロード)する必要があります。

パクリ動画の検知は自動で行われる

パクリ動画の検知は自動で行われる

Facebookに違法にアップロードされた動画の検知は、参照ファイルの情報を元に自動で行われます。

見つかったパクリ動画は「Rights Manager」にて通知されます。

見つかったパクリ動画はFacebookに削除申請を送れる

見つかったパクリ動画はFacebookに削除申請を送れる

検知されたパクリ動画はFacebookに「削除申請」を送ることができます。Facebookもできるだけ早く対応するとしているので、被害は最小限に抑えられそうですね。

また検知された動画に対する対応を自動化させることもできます。
検知された動画に対する対応を自動化

Rights Managerの適用申請をしていない場合

Rights Managerの有効化申請

Facebookページの「投稿ツール」で、まだ「Rights Manager」が使えるようになっていないという方は「Rights Manager」の適用申請を送りましょう。

Copyright Management | Facebookに行き、「Apply Now」をクリックします。

自分が管理権限を持っているFacebookページが一覧表示されるので「Rights Manager」を有効化させたいFacebookページを選択します。
「Rights Manager」を有効化させたいFacebookページを選択

連絡先を入力して「Rights Managerを申請」のボタンをクリックすると申請がFacebookに送られますので、有効化されるのを待ちましょう。
連絡先を入力して「Rights Managerを申請」

自力で見つけるのはほぼ不可能

Facebook上に違法にアップロードされた、自分たちの動画コンテンツを自力で見つけるのは至難の業です。

シェアや友人からの連絡で、たまたま見つけることがあるかもしれませんが、偶然に期待するしかありませんよね。

ですがFacebookの「Rights Manager」を使えば機械的にFacebook上の動画データをチェックすることができるので、パクリ動画を見つけられる確立は格段にアップしそうですね。

【F8】Facebookが動画コンテンツの著作権保護に力を入れ始めた「Rights Manager」