WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > 下請け業務をしているWEBクリエイターが知っておくべき法律【下請法&著作権】

動画マーケティング

2014年9月6日

下請け業務をしているWEBクリエイターが知っておくべき法律【下請法&著作権】

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

WEBクリエイターやWEBデザイナーなどフリーランスで活動している人も多いですよね。今回はIT企業専門の中野弁護士に「下請け」で仕事をしている人が知っておくべき法律についてお話を伺いました。

下請法、著作権、著作者人格権と自分よりも規模の大きい会社の言いなりにならないように、正規の報酬を得られるようにしっかりと身につけておきたい法律です。

受注者だけでなく、発注する側の人も後々トラブルになった時に矢面に立つのは発注側です。必要のないトラブルを未然に防ぐ。とても大事な事ですよね。

スポンサードリンク

下請法はフリーランスWEBクリエイターが絶対に知っておくべき法律

WEBサイト制作で知っておくべき法律【著作権&著作者人格権】

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事