WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > ちょっと楽しい!動画に資料スライドやWEBサイトなどを差し込める「Videopath」

ちょっと楽しい!動画に資料スライドやWEBサイトなどを差し込める「Videopath」

YouTubeやVimeoで動画を公開するときに話に合わせて資料スライドやホームページなどが差し込みたいなと思ったことはありませんか?

動画を編集する段階で出来ますが、今回ご紹介するWEBサービスを利用すると動画編集では実現できないようなことまで出来ちゃいます。



ボタン設置やFacebookページ、Twitterタイムラインまで表示できる「Videopath」

Videopath

Videopath

Videopathを使うと動画の上に様々な情報を表示させることができます。追加できるものは以下の6つです。

  • テキスト
  • 別の動画
  • 画像
  • ボタン(リンク付き)
  • WEBサイト
  • Facebookページ、Twitterのタイムライン

この中でも「リンク付きのボタン」と「Facebookページ、Twitteのタイムライン表示」は動画編集ではできません。アノテーションを使ったり、スクリーンショットで撮ったものを載せたとしても、Videopathほどではありません。

注意点としてはYouTubeにアップロードした動画自体が変わるわけではありません。いくら「Videopath」で項目を追加しても、YouTubeにアップロードされた動画は何も変わりません。

Videopathの紹介動画

実際に「Videopath」が参考動画を公開しているので見てみましょう。動画を再生すると画面の左側にタイムラインが表示されます。

タイムラインの途中に所々で「タグ」が付いています。このタグをクリックすると差し込まれている情報が表示されます。

実際に使ってみた

videopathを使ってみました。(動画の内容はたわいもないので無視してください。)

使い方もかなり簡単で楽しい

使用する動画を設定する
Videopathで使う動画の選択

動画が読み込まれて、タイムラインが表示されるので、オレンジ色のタグを動かして、任意の時間にタグを追加していきます。
Videopathで編集を始める
Videopathで動画にタグを追加していく

オレンジ色のタグを移動させるだけでタグが追加されるので、何を追加するのかを設定していきます。
Videopathでタグを追加する

テキスト(文章)を追加したり、
Videopathでテキストを追加する

他の動画や音楽を追加したり、Videopathで動画や音楽を追加する

画像を追加したり、Videopathで画像を追加する

リンク付きのボタンを追加したり、
Videopathでボタンを追加する

WEBサイトを追加したり、VideopathでWEBサイトを追加する

FacebookページやTwitterのタイムラインを追加したりしていきます。
VideopathでFacebookページやTwitterのタイムラインを追加する

動画のタイトルや概要も設定できます

動画のタイトルや概要も設定することができます。
Videopathで動画のタイトルや概要を設定する

WEBサイトへ埋め込んだり、シェアする

タグの追加や編集が終わったら、画面右下にある「PUBLISH」をクリックします。クリックすると「埋め込み用のコード」が形成されるので、WEBページに埋め込んだり、ソーシャルメディアでシェアをしましょう。
Videopathの動画を埋め込む

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事