WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 企業ブログマーケティング > ブログ更新情報のFacebookやTwitterなどへ自動シェアするメリット・デメリット。

企業ブログマーケティング

2015年4月9日

ブログ更新情報のFacebookやTwitterなどへ自動シェアするメリット・デメリット。

Twitter 2 Facebook 1 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

企業ブログで記事を公開した時にFacebookページやTwitter、Google+などのソーシャルメディアに記事をシェアしているという方は多いとおもいます。

WEBマスターの手帳でも投稿するとソーシャルメディアでシェアをしています。でも毎回、手動でやるのって手間がかかりますよね。ということで今回は「ブログを公開した時のシェア(自動シェア)」についてです。

スポンサードリンク

ブログ記事をソーシャルメディアへ自動シェアする

ブログサービスを使っている方の場合は「Facebookと連携」「Twitterと連携」といった設定をしておくと、ブログを公開すると連携しているソーシャルメディアアカウントに自動で「ブログを投稿したよ」といったシェアをしてくれますよね。

自動シェアって楽なんだけど、本当に自動シェアしちゃっていていいのでしょうか?

自動シェアのデメリット

  • 「ブログを更新しました」などシェアする時の文言が固定される
  • シェア前にサムネイル画像が適切に反映されているのかの確認ができない
  • 連携しているアカウントごとに文言を変えられない
  • シェアする時間を調整できない

やはり、自動シェアする時に毎回文言を記事の内容に合わせて作れないというのが辛いですね。

記事の内容に合わせるだけでなく、FacebookならFacebookに合わせたシェアの仕方、TwitterにはTwitterに合わせたシェアの仕方というものがありますよね。そこを最適化できないのも辛いです。

また自動シェアの場合はシェアする時間を選択できないという問題があります。朝、ブログを公開してもFacebookページでは夜にシェアしたいといった場合に時間調整ができないのは辛いですね。

自動シェアのメリット

  • シェアし忘れることがない
  • 手間がかからない

自動シェアの一番のメリットは「手間がかからない」ところでしょう。理想は「各記事に合わせて+シェアする先のソーシャルメディアに合わせて」テキストを調整してシェアをしたほうがいいですが、それでは手間がかかって運営に影響がでてしまうようなら、自動シェアを使ったほうがいいでしょう。

なるべく効果的に自動シェアをする方法

iftttを使う

ifttt

Put the internet to work for you. – IFTTT

iftttを使っている方は多いとおもいます。ブログ運営をしている方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

簡単に説明すると「もしブログ記事を公開したらFacebookへシェアする」といった仕組みを作ることができます。

自分の場合はYouTubeで動画を公開した時やThumbler、Linkedinへのシェアなどはiftttを使っています。

参考:クリックして選ぶだけでソーシャルメディアの自動連携が設定できちゃう【ifttt】 – WEBクリエイターLab(2012年に投稿したので設定できる内容など一部、最新ではありません)

WordPressの場合はプラグインを活用

ブログでWordPressを使っている場合はプラグインを活用しましょう。

JetPackが意外と使える

WordPressを使っている方には「JetPack」がオススメです。JetPackの「パブリサイズ」という機能を使うと、記事の編集ページで自動シェアの設定(どこへシェアするか、シェアする際の文言の変更)が可能です。
JetPackで自動シェア

まずはJetPackの設定で「パブリサイズ」を有効化します。
JetPackで自動シェアの有効化

WordPressのダッシュボードメニューの設定→共有で必要なソーシャルメディアと連携しましょう。
JetPackでソーシャルメディアを連携する

JetPackも完璧ではありません。Google+ページへのシェアは文章が設定した文言+記事の冒頭が追加されてしまいます。

参考:凹みそうになるぐらい多機能すぎるWordpressプラグイン【JetPack】 | WEBマスターの手帳

WEBマスターの手帳でのやり方

WEBマスターの手帳では記事を公開する時間に合わせて「やり方」を変えています。

特にFacebookページでのシェアは「Facebookページの予約投稿」を使って設定しています。(ブログ投稿自体もほぼ予約投稿です)

Twitterはiftttを使っていますし、WordPressのプラグイン「Tweetily」も使っているので、シェアする時間は特別気にしていません。

何度も言いますが本来は「各記事に合わせて+シェアする先のソーシャルメディアに合わせてシェアをする」のがベストです。というか、それぐらいは最低限やるべきです。

何よりもFacebookやTwitterのように「フロー型コンテンツ」になる場合は、シェアするタイミング(時間)はとても重要です。

自動シェアでは自動でシェアするものなので当たり前ですが、シェアする時間を各記事ごとに設定できません。(できる場合もあります)これはかなり致命的なデメリットであることは認識しておきましょう。

いまだにあるのかわかりませんが「Facebookに投稿した内容を自動でブログ記事にする」というツールがあるらしいですが、そんなものを使うぐらいならブログやめたほうがいいですよね。

無駄でしかない。大抵は「楽をしたい」みたいなスパマーが使っていることが多いので企業ブログ運営者が使っているとは思えませんが。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:1 、平均:3.00)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

テックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事