WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > 小さな会社のSEO > 安いWEBサイトでSEOできるわけがない!サテライトサイトに潜む落とし穴。

小さな会社のSEO

2014年10月22日

安いWEBサイトでSEOできるわけがない!サテライトサイトに潜む落とし穴。

ID-100234240.jpg
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

サテライトサイトという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。SEOにアンテナの立っている方ならなおさら聞き覚えがあるでしょう。

SEOでサテライトサイトを作る目的というのは「同業WEBサイトからの被リンクは有効だ」や「主要キーワード以外のキーワード対策」などいろいろ挙げられていますね。今回はこの「サテライトサイト」についてです。

スポンサードリンク

中身がないサテライトサイトはスパムサイト

サテライトサイトとは簡単に言うと「メインのWEBサイトを強化(被リンクや流入UP)を目的にした自作自演のWEBサイト」です。サテライトサイトについて僕は基本的に取組むべきではないと思っています。というのも取組むことのリスクとコストが高すぎるからです。

「自作自演」というところに引っかかる方もいらっしゃるかもしれません。同じようなコンテンツのWEBサイトを乱立させればそれはスパム行為になります。ですが「サテライトサイト=完全悪」ということでもありません。

サテライトとは?

「サテライト」とは簡単に言えば「支店」や「衛星」です。メインではなくサブです。
参考:サテライト【satellite】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

サテライトサイトの特徴として安価にWEBサイトを作ります。安価なので当然WEBサイトの中身もたかが知れています。iBoundを愛読してくださっている方なら今のGoogle検索を取り巻く状況やSEOについても理解が高いと思いますので、「そんな簡単に安く作ったサイトで成果が出せるの?」と思われていると思います。

僕も全く同感です。そんなWEBサイトが評価されることはないでしょうし、主要キーワード以外のキーワードでの上位表示が出来るとも思えません。そんなことでメインサイトへの流入が増えるとも思えない。あるとしたら被リンクぐらいですが、それもリスクが高い。というかブラックSEOですよね。

オウンドメディアと混同しないで

オウンドメディアとどう違うんだ?と思われるかもしれませんが、目的が全く違います。オウンドメディア(自社WEBメディア)とはWEBメディアです。企業がお客様やファンの方、これからお客様になってくれるかもしれない方(見込み客)に対して情報を発信し、関係性を積み上げることで売上に貢献していくというものです。

オウンドメディアの役割に流入元を増やすや関連キーワード対策などもありますが、それがメインではありません。サテライトサイトも突き詰めれば売上に貢献することが目的になるかもしれませんが、根本的な意識がズレています。

出発地点の違いです。お客様に有益だから別WEBサイトを立ち上げるのか、ただ単に自分たちのためにWEBサイトを立ち上げるのか。この違いが大きな差を生みます。

大事なことは「コンテンツの質」

サテライトサイトの問題点は「薄っぺらい」ということです。もしサテライトサイトのコンテンツの質を高いものにして、訪問者の人にとって有益なWEBサイトを作るのなら話は違うと思います。僕だったらメインWEBサイトにそのコンテンツを組込んむことをまず考えるでしょうし、オウンドメディア(自社WEBメディア)を構築することを考えると思います。

メインサイトに組込んでしまうと全体のまとまりがなくなってしまったり、遠い見込み客の人との接点として別WEBサイトを立ち上げることもあると思います。なんにしても大事なのはそのWEBサイト単体で評価されるような有益なWEBサイトであるかであり、お客様やファンの方のために必要かどうかですね。

必読記事

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

ID-100234240.jpg

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事