動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

【厳選】WEBサイトの解析に役立つchrome拡張機能7選

この記事は、最後の更新が【2016年8月9日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

chromeを使っているWEB担当者の方!chromeの拡張機能は活用していますか?

Googleアナリティクスはどこのサービスですか?chromeはどこのサービスですか?そうですね。Google様ですね。

Google様が提供しているサービス同士、うまく情報を連携させて手間を少しでも省きましょう。

Tag Assistant (by Google)

Tag Assistant (by Google)

自分が管理しているWEBサイトのページを表示すると、そのページのGoogleアナリティクスのタグの状況(動作など)を調べることが出来ます。

さらに「ここを直してみたら」と改善ポイントも教えてくれます。

Tag Assistant (by Google) – Chrome ウェブストア

PageSpeed Insights (by Google)

PageSpeed Insights (by Google)

ページ表示速度の分析ツール。ページの表示速度を遅くしている原因を分析して、改善ポイントを提案してくれます。

使い方はインストール後にchromeのメニュー>ツール>デベロッパー ツール>PageSpeed>分析の順に進めばOK

PageSpeed Insights (by Google) – Chrome ウェブストア

Page Analytics (by Google)

Page Analytics (by Google)

WEBサイトを開くだけでアクセス解析が見れちゃう「Page Analytics(by Google)」に萌えた。」でも紹介したツールです。閲覧しているページ(自分が管理しているWEBサイト)のアナリティクスの数値が表示されます。

Page Analytics (by Google) – Chrome ウェブストア

SimilarWeb

SimilarWeb

自分が閲覧しているWEBサイト(自分が管理していないWEBサイトも含む)のPV(だいたいの数値)、WEBサイトの力、流入元などが見えちゃいます。ただし自分のサイトでGoogleアナリティクスの数値などと見比べると正確性は微妙な感じもします。

SimilarWeb – Chrome ウェブストア

Block Yourself from Analytics

Block Yourself from Analytics

自分自身のWEBサイト訪問をアナリティクスでカウントしないようにするツール。自分自身の訪問数をアクセスとして解析しても意味ないですもんね。

Block Yourself from Analytics – Chrome ウェブストア

SEO Site Tools

SEO Site Tools

もはやマボロシとなったページランクも見れますが、ページのSEO視点での改善ポイントを提案してくれます。
SEO Site Tools|改善の提案

SEO Site Tools – Chrome ウェブストア

Google Publisher Toolbar

Google Publisher Toolbar

WEBサイトに広告(アドセンス)を設置している人にお勧め。収益状況や各バナー広告ごとの収益状況(クリック数)を確認する事が出来ます。

Google Publisher Toolbar – Chrome ウェブストア