WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > ビジネスブログで全ての記事が上位表示によるアクセス獲得をする必要はない理由

コンテンツマーケティング

2014年6月20日

ビジネスブログで全ての記事が上位表示によるアクセス獲得をする必要はない理由

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

スポンサードリンク

全てのコンテンツでSEOを狙わなくても良い

ビジネスブログを運営していると全ての記事でアクセスを獲得するには上位表示しなければいけないと思い込んでしまう方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

ちゃんと設計が出来ていればの話ですが、コンテンツには種類があるので、上位表示しないコンテンツ(ブログ記事)があってもいいんです。

今回はコンテンツを大きく別けて2つご紹介します。

訪問者を集めるコンテンツ

これがいわゆる「上位表示させたいコンテンツ」です。まだあなたと出会っていない人にあなたの存在を知らせ、あなたが提供しているサービスや商品の存在を知ってもらうためのコンテンツです。

コンテンツの内容は当然、検索に対する解答です。あなたが出会いたい人があなたが専門とする領域でどんなことに困り、その困っている状態を解消するためにどんなことを調べるのか

その解消に役立つコンテンツを作りましょう

訪問してくれた人へ提案(気づきを与える)するコンテンツ

これが上位表示する必要がないコンテンツです。例えば宝石商の人のブログで彼女へのプレゼントを探している人に対して「こういうタイプの女性にオススメの宝石」というコンテンツを作り、キャリアウーマンの女性、社交的な女性、内向的な女性など「彼女の特性」に合わせた宝石の選び方を提案したいとします。

この時にターゲットであるプレゼントを探している男性の思考の中に「彼女の特性に合わせた宝石をプレゼントしたい」という意識があり、検索をしているのなら上位表示を狙ってもいいでしょう。

しかし「社交的な彼女に合う宝石をプレゼントしたい!」と思っている人がどれだけいるかが問題ですね。仮にの話(自分は宝石商ではないので)なのですが、宝石を売っている人から見て、彼女の特性に合わせて宝石を選ぶことが、プレゼントを探している人にとって意識されていないだけで有益であるとした場合には、上位表示によるコンテンツ提供は難しくてもコンテンツ化することは価値がありますね。

もちろんコンテンツを作っただけでは意味がありません。そのコンテンツはブログの訪問者の人にしっかりと認知してもらう必要がありますので、バナー画像を作ってアピールすることが必須です。

また「宝石商がオススメする彼女へのプレゼントの選び方」のような記事を作り、その記事内で「彼女の特性に合わせた選び方」のコンテンツへのリンクを貼るなどして紹介することも有効です。

訪問者の人の流れ

最後に訪問者の人の流れを確認しておきます。

  1. 訪問者を集めるコンテンツで見込み客を集める
  2. 訪問してくれた見込み客に対して提案するコンテンツへ誘導する
  3. 訪問してくれた人は「自分が意識していなかった有益な気づきを得る」
  4. あなたのサービスへの好感度が上がる/顧客になってくれる

必ずしも上記の流れに沿うわけではありませんが、全てのコンテンツで上位表示によるアクセス獲得をする必要がないことはお分かり頂けるかと思います。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事