WEBマスターの手帳 > ブログ > 強くなれ。そうすれば、何も奪われる事はない。

ブログ

2013年5月24日

強くなれ。そうすれば、何も奪われる事はない。

Twitter 5 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

facebookでの投稿の続きです。

ーーーー【facebookへの投稿内容】ーーーー
巻き込まれる側の責任は当然ある。
だけど巻き込んだ側の責任の方が倍重い。

自分が気持ちよくなりたくて、巻き込むんでしょ?

「○○がしたいんだ手伝って!力を貸してよw」
「とりあえず無料で」(or 小銭の金額)

その巻き込む側が気持ちよくなるために
巻き込まれる側は「命を提供する」(命 = その人が使える時間)

食することは、その生き物の命を頂いている。
でも人は命をもらっているだけで相手に対価を渡していない。
なぜ対価を渡していなくても問題にならないか?
それは人の方が強者だから・・・
ーーーーーーーー

愛はある?相手への尊敬は?

「経営者の仕事は雇用を生むこと」

ハッとしました。
祖父の言葉を思い出しました。

もっとも偉いのは働いてくれる社員。
経営者や重役の給与よりも先に社員への給与を削るなんてことはありえない。

戦後、家族や友人、その子供を学校に通わせたり(費用を出して)、家に住まわせたり、
社員たちをまさに養った祖父と祖父の兄弟。
決して自分たちが裕福だった訳ではありません。

ただ見捨てず、手を差し伸べて、共に歩んだんだと思います。

僕は祖父を尊敬しています。
晩年の祖父しか知りません。良いところしか見えていないかも知れません。
神格化させているのかもしれません。

「会長」というポジションでも、会社の運転手の人を食事のときに外で待たせたりせず「一緒に食べよう。」そう言う祖父。
会社からお荷物だと否定的な意見があっても、その人を切らずに働く場を提供し続けた祖父を尊敬しています。

愛なんだと思っています。
相手へのリスペクトがある。

ただ自分が気持ちよくなりたくて他人を巻き込む人は「愛」がありません。
自分のためだから、「相手へのリスペクト」もありません。
義理も人情も仁義もない

でも、許されてしまうのは、
巻き込まれた側より強者だから。

この世は弱肉強食。
弱者は強者に命を奪われるしかない。

自分がそこまでの男であれば、息絶えるだけだと思ってます。
弱者だったら奪われて終わるだけ。

おとなしくしてれば楽に殺ってやるけど?
しかたないわね。わたしの方が弱かったってことだから
/漫画ハンターハンター19巻

自分が相手よりも弱いから殺される。
そのことへの不満はない。
人も基本はサバンナで生きている動物と変わらない。

それが嫌なら強者になるしかない。

強くなれ。そうすれば、何も奪われる事はない。/映画GOEMON

「ただ気持ちよくなりたくて他者の命を奪う人」をDisりたいなら、
その人たちよりも強者になるしかない。

理不尽を批難したければ強者になるしかない。
意見を言いたければ、それだけの人間になるしかない。

まだまだ自分は弱者なんだと思いました。

強者になる。
もしくは、この螺旋から降りるしかない。
そして、【自由にやる】ことへの代償を思い出した。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

Webマーケティングスキルを習得するならテックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事