コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

MEOとは?メリットとデメリット、絶対にやってはダメな4つの注意点

MEOとは?メリットとデメリット、絶対にやってはダメな4つの注意点

編集スタッフのたけのこです。みなさんは「MEO」という言葉を聞いたことはありますか?MEOは「ローカルSEO」と呼ばれることもあり、とくに実店舗経営者にとっては必須の知識。

本記事では、MEOのイロハやメリット・デメリット、やってはダメなことや注意して欲しいことについて簡単に解説していきます!

この記事の内容をざっくり
  • MEOとは、Googleマイビジネスを使った「Google検索向けの最適化」の1つ
  • 店舗を運営している人は必須!(悪質業者には要注意)
  • やり方を間違えるとガイドライン違反になる

MEOとは?

MEOはMap Engine Optimizationの頭文字を取った言葉で、「マップエンジン最適化」を意味します。Google Mapに表示される「ローカル検索結果」において、Googleマイビジネスの情報を最適化する施策のことを指します。その特徴から「ローカルSEO」と呼ばれることもあります。

ローカル検索結果とは、地域の店舗や施設を検索したときの検索結果のことです。

たとえば、Google検索やGoogleマップなどで「ラーメン」や「歯医者」などと検索すると、近隣の店舗や病院、施設などの情報が、地図とともに検索結果に表示されます。

MEO

検索結果には電話番号や住所、営業時間や口コミなどもあわせて表示されるので、地域の店舗系ビジネスを行う事業者は対応しておきたいところです。

MEOに取り組むことで、自店舗の情報が上位に表示されるようになったり、マップ上から店舗までの集客を促したりできるためです。

具体的に何をするのがMEO?

では、具体的なMEO対策をするには、何をすれば良いのでしょうか。

Googleマイビジネスに登録する

MEO対策を始めるには、まずGoogleマイビジネスに登録することから始めます。Googleマイビジネスは無料で使えるGoogleのサービスで、店舗情報を入力するとその情報がローカル検索結果に表示されるようになります。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスには入力する項目が複数あり、住所や連絡先だけではなく、営業時間や定休日なども記載できます。情報が充実していると、ユーザーの検索キーワードに引っかかる可能性が上がり、検索画面で上位に表示されやすくなります。

情報は常に最新のものにするよう、こまめな更新を心がけましょう。

写真を投稿する

写真を投稿すると、検索結果にも表示されるようになり、ユーザーの興味を引くことができます。写真はビジネスオーナーだけではなく、ユーザーも投稿することもでき、検索結果に表示されるものはランダムのため、選べないことに注意しましょう。

ですが、店舗情報の個別ページから写真を一覧で確認することは可能なので、興味を持ってくれたユーザーに訴求するために、見栄えのよい画像を用意しておくと効果的です。

飲食店であれば、内装やメニュー表など、入店前に知りたい情報がわかる画像を投稿しておくことをおススメします。

口コミの数や評価を増やし、コミュニケーションする

口コミの数や評価は、新規顧客を呼び込むためには重要です。お店の顧客に口コミをお願いしたり、口コミをお願いするチラシや張り紙を作って、少しずつでもお店の口コミや評価数を増やしていきましょう。

また、書き込まれた口コミには、必ずお礼の返信をしましょう。中には辛らつな口コミもあるかもしれませんが、そのような内容にも誠実に対応することで、むしろ周りのユーザーには「悪いところをきちんと受け止め、改善する姿勢がある」と好印象を感じさせます。

返信は可能な限り早めがいいですが、たとえ遅れてしまっても対応することをオススメします。返信すると相手方に通知されるので、お店のことを思い出してもらうきっかけにもなります。

MEOのメリットとデメリット

MEOのメリット

オーガニック表示よりMEOのほうが上位に表示される

Googleのローカル検索では、Webサイトの検索結果よりも、ローカル検索での結果がより上位に表示されるようになっています。

自店舗をより多くの人の目に触れさせたいのであれば、WebサイトそのもののSEOより、MEOを優先したいところです。

お店への動線が作りやすい

Googleマイビジネスに電話番号や公式サイトのURLなどが入力されていれば、興味を持った人がそのまま予約行動につながる可能性を高められます。

また、Googleマップではお店の場所やお店への経路が表示されるので、そのまま客を呼び込むことも可能です。

口コミ機能がある

すでにお店を利用している客の口コミや評価は、新規客を呼び込む重要な武器です。興味を持ってくれた新規客が安心してお店を訪れるために、口コミを充実させておくことは必須といえるでしょう。

MEOのデメリット

結果が出るまでに時間がかかる

Googleのシステム上、情報の更新頻度や口コミ数から「上位に表示する」という流れになるまで数ヶ月時間がかかることもあります。また、口コミも一気に増えるものではなく、少しずつ増えるものでしょう。

そのため、MEOを開始してすぐに誰でも効果が出るわけではありません。日々コツコツと情報を更新したり、写真を投稿したりなど取り組んでいくことが大事です。

手間ひまがかかる

店舗の経営は多忙を極めると思います。お店が忙しいのに画像を撮影したり投稿したり、情報を更新したり…というのは手間に感じることでしょう。

そのような場合、Googleの用意しているGoogleマイビジネスのオーナー向けアプリを使用して時短することで負担を減らせます。場合によってはMEOの運用や管理を行う業者に業務委託を行うのもひとつの手でしょう。

MEOでこれは厳禁!やってはダメなこと

MEOに取り組むにあたって、注意してほしいことがあります。それはガイドライン違反です。ガイドライン違反が発覚するとアカウント停止となる可能性があり、復旧が不可能な場合もあります。

そうなってしまったら、これまで積み上げてきた情報、口コミなどもすべて削除されてしまいます。

以下のポイントに留意して、ガイドラインを遵守した運用をしましょう。

過度な広告をしない

Googleマイビジネスでは、公開するコンテンツで過剰な表現を行うことを禁じています。たとえば、「すべて50%引き」「地域最安値」「日本一」「業界一」「ナンバーワン」などです。

ビジネス名を盛らない

ビジネス名を入力する際は、正確な店舗名・ビジネス名である必要があります。その後に地域名やカテゴリ、キーワード、説明などを付け足すなど、ビジネス名を「盛る」行為は禁じられています。

看板に記載されている店舗名とGoogleマイビジネス上の名前が違うと不承認となってしまいますので注意しましょう。

たとえば、看板の名前が「ワンツーマッサージ」の場合の例をご覧ください。

ワンツーマッサージ OK
ワンツーマッサージ渋谷店
(「ワンツーマッサージ渋谷店」が正式名称の場合)
OK
ワンツーマッサージ 整体 日曜営業 NG
ワンツーマッサージ 渋谷 NG
ワンツーマッサージ渋谷店 ●●通りスグ! NG
肩こり解消 ワンツーマッサージ NG
最安! ワンツーマッサージ NG

実店舗の実際の営業内容と異なる情報を載せない

住所や電話番号、営業時間、カテゴリなどが、実際の営業状況やWebサイトでの情報と食い違わないように注意しましょう。

内容だけではなく、表記、つづりも正確さが求められるので、英語名の店舗などは大文字や小文字、英語表記やカナ表記に留意して情報を入力する必要がります。

口コミの偽装・やらせ行為をしない

口コミ偽装や、対価を払っての口コミ投稿は禁止されています。「口コミ投稿で〇〇サービス・プレゼント」というのもアウトです。

お店の利用者に友人・知人がいる場合、対価なしで口コミをお願いするというのはかまいません。

自分やスタッフに客のアカウントを偽らせて書き込みをするのも、Googleのアルゴリズムやデータベースから偽装判定がなされます。不正は決して行わないようにしましょう。

悪徳業者に気をつけて

忙しいからMEO対策を業者に依頼したのに、その業者が悪徳業者だった!というビジネスオーナーからの悲鳴がよく聞かれます。

上記のような「ガイドライン違反」や、それに近いことを冒してでも一時的に検索上位の結果を作って報酬を得て、その後アカウントが停止されても責任をとらない…というような事例です。

そのような悪徳業者にだまされないようにするには、下記の点に気をつけて委託先業者を見極めるとよいでしょう。

「検索上位●位以上に入れたら報酬が発生する」というシステムを提案してくる

一時的に無理矢理なことをして検索上位に表示させ、報酬を得たら終了で、あとのことは知らないという悪質なやり方に使われるシステムです。

施策内容や、施策の結果の見方についての説明がない

不正やガイドライン違反が行われていたり、「お店の前で検索した、現在地情報に基づいてただ上位に表示されただけ」の情報を「MEOの結果です!」と説明されている可能性もあります。

ガイドライン違反についてのリスクを説明しない

不正によってどのような悪影響があるかは、一般的には運営担当者と店舗側で共有すべき内容です。

それを説明しない場合、不正やガイドライン違反と知っていてそれらの施策を実施する可能性があります。

まとめ

実店舗を経営していくには、いかに新規のお客さんを呼び込むかが重要。お店のサービスのクオリティアップに勤めながらも、MEOに取り組むことでよりお店の良さが伝わりやすくなります。

Googleマイビジネスは無料なので、まだ未登録の店舗経営者の方は早めに対応していくことをオススメします!取り組んで損はありませんよ〜!!