【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

GoogleアナリティクスとSearch Consoleを連携させてGoogle検索結果を分析してみよう!

GoogleアナリティクスとSearch Consoleを連携させて、GAで分析してみよう!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。

Webサイトのアクセス分析で、GoogleアナリティクスとSearch Consoleの連携はしていますか?連携をしておくとGoogleアナリティクスの画面で、Search Consoleのデータも合わせて見ることができます

Search Consoleとの連携は、Googleアナリティクスにもともとある機能です。ぜひ設定しておくことをオススメします。

GoogleアナリティクスでSearch Consoleのデータを表示させよう

GoogleアナリティクスとSearch Consoleを連携させると、GoogleアナリティクスでSearch Consoleで得られる4つのデータを見ることができます。

  • ランディングページ
  • デバイス
  • 検索クエリ

この中でも「ランディングページ」と「検索クエリ」は、SEOにおいて、とても参考になるデータです。

Search Consoleの「ランディングページ」とは

ランディングページ」では、各ページがGoogle検索において、どれくらい表示されているのか(表示回数)、検索結果に表示された内、どれくらいクリックされているのか(クリック数、クリック率)、平均の表示順位(平均掲載順位)を見ることができます。

GoogleアナリティクスでSerachconsoleのランディングページをみる

「ランディングページ」に表示されているページのURLをクリックすると、そのページの検索クエリをチェックすることもできます。

Search Consoleの「検索クエリ」とは

検索クエリ」では、検索クエリ(検索キーワード)ごとの「表示回数」「クリック数」「クリック率」「平均掲載順位」を見ることができます。

GoogleアナリティクスでSerachconsoleの検索クエリをみる

GoogleアナリティクスでSearch Consoleを連携させる方法

GoogleアナリティクスでSearch Consoleのデータを見るには、GoogleアナリティクスでSearch Consoleを連携させる必要があります。

GoogleアナリティクスでSearch Consoleを選ぶ

GoogleアナリティクスでSearch Consoleを連携させるには、まずGoogleアナリティクスの管理画面で「Search Console」の「ランディングページ」を開きます。

連携をしていない場合は、以下のように「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります。」と表示されます。

Search Consoleのデータ共有の設定」をクリックしましょう。

GoogleアナリティクスでSearch Consoleを開く

Search Consoleのデータ共有設定をする

Googleアナリティクスの設定画面が表示されます。画面を少し下にスクロールすると「Search Console」の項目があります。

Search Consoleを調整」をクリックしましょう。

Search consoleを調整する

「Search Consoleの設定」の画面が表示されます。Search Consoleと連携をしていない場合は、ここにWebサイトのURLが表示されていないはずです。URLが表示されているときは、Search Consoleと連携がされています。

URLが表示されていない場合は「追加」をクリックしましょう。

Search Consoleの設定画面

Googleアナリティクスと連携するSearch Consoleのデータを追加する

Googleアカウントが権限を持っているSearch Consoleのデータの一覧が表示されます。この中から、Googleアナリティクスで使用するデータ(Webサイト)にチェックを入れて「保存」をクリックします。

Googleアナリティクスに連携するSearchConsoleのサイトを追加する

これで連携作業は完了です。改めて「Search Consoleの設定」を確認すると、先ほど追加したWebサイトのURLが表示されているはずです。(有効なビューには『1個のビューが選択済み』となっている)

「Search Consoleの設定」にWebサイトのURLが表示されている

GoogleアナリティクスでGoogle検索結果もチェックしよう

しっかりとGoogle検索からの流入や、検索結果での表示分析をするならば、Search Consoleの「検索パフォーマンス」を使ったほうが、分析しやすいこともあります。

ですが、Googleアナリティクスを開くだけでSearch Consoleのデータも確認できれば、多少の手間を省くことができます。

まだGoogleアナリティクスでSearch Consoleの連携を設定していない方は、ぜひこの機会に設定をしてみてください。