動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Googleの短縮URLサービス「goo.gl」が使えなくなる!2019年3月30日で終了へ。

Googleの短縮URLサービスが使えなくなる?!2019年3月30日で終了へ。

衝撃のニュースが飛び込んできましたね。Googleが提供している短縮URL作成サービスの「Google URL Shortener(goo.gl)」がサービスを終了するとのことです。

Googleの短縮URLは、作成した短縮URLのクリック数が一目でわかったり、アナリティクス機能もあって、とても便利なので、愛用していました。

そんなサービスが終了してしまうなんて、ショックすぎる…

goo.glが2019年3月30日でサービスのサポートを終了

goo.glが2019年3月30日でサービスのサポートを終了

Google URL Shortenerの画面を開くと、上部に「2018年3月30日以降、goo.glの短縮URLのサポートを停止します。」との通知文が表示されています。

Starting March 30, 2018, we will be turning down support for goo.gl URL shortener. From April 13, 2018 only existing users will be able to create short links on the goo.gl console. You will be able to view your analytics data and download your short link information in csv format for up to one year, until March 30, 2019, when we will discontinue goo.gl. Previously created links will continue to redirect to their intended destination. Please see this blog post for more details.
出典元:Google URL Shortener

身の回りでもgoo.glを使っている人は多いように思うので、goo.glが使えなくなると聞くと「え〜!」という声やTwitterのつぶやきを、よく目にしました。

自分も全く一緒で、まだまだ使いたい派なのですが、まずは、どういうことなのかを確認してみましょう。

  • 2018年3月30日でサポートの終了
  • 2018年4月13日以降は既存ユーザーのみ短縮URLを作成できる
  • 2019年3月30日に完全終了
  • 作成済みの短縮URLは2019年3月30日以降も機能する(リダイレクトする)

というわけで、2019年3月30日以降に、goo.glでの短縮URL作成ができなくなる(これまで使っていなかった人は2018年4月13日まで)ということです。

また、すでに作成済みの短縮URLが機能しなくなるわけではなく、引き続き、リダイレクトはする(機能する)とのことなので、一安心。

別の短縮URLサービスへの乗り換えを進める

すでにgoo.glを使っている人であれば、2019年3月30日までは、短縮URLを作成できますし、その後もURLとして機能してくれるので、すぐに対応をしなくてもよさそうです。

そうはいっても、2019年3月30日以降は、クリック数やアナリティクスが見れなくなるので、別の短縮URLサービスへの乗り換えを徐々に進めていったほうがよさそうですね。

乗り換え先はBit.lyかOw.ly

Googleは乗り換え先としてBit.lyOw.lyを提示しています。

個人的には「Bit.ly」のシンプルなUIが好きなのですが、日本語対応をしていないので、英語に抵抗がある方は「Ow.ly」の方がいいかもしれません。

また「Ow.ly」はHootsuiteの機能の1つなので、日頃、ソーシャルメディアのアカウント運用でHootsuiteを使っている方は、Ow.lyの方が手軽かもしれませんね。

Bit.lyにしても、Ow.lyにしても短縮URLのアナリティクス機能があるので、その点ではどちらでもよさそうです。