動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Googleがモバイル検索でWEBページを覆い隠すポップアップをしていると検索結果で表示順位を下げると発表!

Googleがモバイル検索でWEBページを覆い隠すポップアップをしていると検索結果で表示順位を下げると発表!

この記事は、最後の更新が【2016年12月25日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

Googleが公式ブログにて、WEBページを覆い被さるように表示される「ポップアップ表示」に対して、モバイルでの検索結果において検索順位が下がるようなアルゴリズムを2017年1月10日ごろを目処に実装すると発表しました。

Pages that show intrusive interstitials provide a poorer experience to users than other pages where content is immediately accessible. This can be problematic on mobile devices where screens are often smaller. To improve the mobile search experience, after January 10, 2017, pages where content is not easily accessible to a user on the transition from the mobile search results may not rank as highly.
引用元:Official Google Webmaster Central Blog: Helping users easily access content on mobile

WEBページを覆うポップアップ表示はNG

WEBページを覆うポップアップ表示はNG

出典元:Official Google Webmaster Central Blog: Helping users easily access content on mobile

Googleはモバイルにおいて、ユーザーがコンテンツを見ようとした際に、コンテンツに覆い被せて表示するポップアップ表示やコンテンツを表示する前に別ページを差し込むような表示方法はユーザー体験を害するとしています。

特にモバイルは画面サイズも小さいので、宣伝表示がじゃまになる可能性が高いとしています。

そのため、これらユーザーにストレスを与えるような表示をしているWEBページはランクを下げるとのことです。

リード獲得に「Leadin」や「Hello Bar」を導入している方で画面を覆うポップアップ表示など、今回の発表でNGとされる方法を使っている方は、早めに対応しておきましょう。

ポップアップしてもOKな場合

ポップアップしてもOKな場合

出典元:Official Google Webmaster Central Blog: Helping users easily access content on mobile

画面を覆うようなポップアップの全てがNGというわけではなさそうです。以下のようなユーザーにとってメリットがある場合や邪魔にならないものは、ランクは下がらないとしています。

  • クッキー情報を取得に許可を求める表示
  • 年齢確認の表示
  • 画面の上部や下部で合理的な割りあいに収まっているバナー

特に最後の画面上部や下部のバナー表示はGoogle AdSenceでも取り入れられている(アンカー広告、モバイル全画面広告)のでダメとはできないでしょう。

日本ではあまり見かけないけど

今回のWEBぺージを覆い隠すようなポップアップ表示や、WEBコンテンツを表示する前に広告ページを表示するといった方法を導入しているWEBサイトを日本で見かけることは少ないですね。

海外のWEBサイトでは、記事を読む前や読んでいる途中で画面の中央にポップアップが表示されることはよくあります。今となっては慣れてしまって、ストレスを感じることもなく、ポップアップ表示を閉じてしまいますが、ユーザーにとって邪魔なのは確かです。

そう考えると、今回は対象がモバイルだけですが、今後、PCブラウザでも同じようにNGとされるようになるかもしれませんね。

今回の発表でGoogleが「intrusive(押し付けがましい)」を使っているのが印象的でした。