WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > コミュニティマネージャー > ディズニーが長崎原爆投下の日に配慮のないツィートで大炎上して謝罪する羽目に。

ディズニーが長崎原爆投下の日に配慮のないツィートで大炎上して謝罪する羽目に。

まさかのディズニーが8月9日にディズニー公式Teitterアカウントでやらかしてしまいました。

その投稿内容が、あまりにも日本への配慮が欠けていたことにより、大炎上を起こしました。



なんでもない日おめでとう

問題のツィートは8月9日に「なんでもない日おめでとう」という言葉とともに不思議の国のアリスの画像付きでツィートされました。

ディズニーのなんでもない日おめでとう

日本にとって8月9日といえば長崎に原爆が投下された日。TVでも特集が組まれ、長崎市では平和祈念式典も行われました。ましてや、今年は戦後70年という節目の年。

ディズニー側がなぜこの投稿をしたのかは説明がないので不明ですが、仮に悪意がなかったとしても、あまりにも日本への配慮が欠けていますね。

Twitterで謝罪

結局、ディズニー公式Twitterアカウントは問題のツィートを削除して、謝罪のツィートをしました。

謝罪はしていますが、どうして問題のツィートを投稿したのかの説明がなく、削除して終わりというのは、逆効果ですね。誠心誠意の対応とは言えません。

今回の炎上からソーシャルメディア担当者が学ぶこと

TPOを意識するという一言に尽きると思います。時期的なことを意識していれば、このような投稿にはならなかったでしょうし、そもそも投稿をしなかったでしょう。

アメリカのディズニー公式Twitterでも英語で同じ投稿がされていたので、おそらくはウォルトディズニージャパンが、安易に翻訳だけしてツィートしたのでしょう。

「なんでもない日」という「日付」が入ってしまっていることが一番の炎上理由です。それに加えて「おめでとう」というのが、多くの人の感情を逆なでしてしまったのでしょう。

社会的に意味のある日(特に追悼する日)には、下手に投稿しないのが一番です。もし投稿するとしても特別なことはしてはいけません。いつもと変わらない投稿をするべきですし、なにより「絶対に連想されない内容」にしなくてはいけません。

「なんでもない日」のYahoo!検索(リアルタイム) – Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索

ちなみに苦情の行き先がオリエンタルランドになってしまっていたようで、公式Twitterを運営しているのは「ウォルトディズニージャパン」ということで、テーマパークとしてディズニーランドを運営している会社であるオリエンタルランドとしては大迷惑ですね。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事