WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > コミュニティマネージャー > Facebook広告を使うにはビジネスマネージャ機能の使用が必須になるから移行をお忘れなく!

コミュニティマネージャー

2015年2月25日

Facebook広告を使うにはビジネスマネージャ機能の使用が必須になるから移行をお忘れなく!

76759a59569f7d777ae1920c292f20ad.png
Twitter 3 Facebook Google+1 はてブ 4 Pocket チャットワーク Eight Feedly

Facebook広告を使って広告出稿をしている皆様。ビジネスマネージャ機能への移行はお済みですか?え?なんのことを言っているのかわからない?それはちょとヤバイかも。

実は2015年の2月16日からFacebook広告の出稿にはビジネスマネージャの使用が必須となっています。ビジネスマネージャはFacebook広告出稿以外にも複数人で企業アカウントを管理したり、外部の人間(代理店)もFacebookページの運営に関わる際に便利なんですよ。

スポンサードリンク

Facebookのビジネスマネージャとは何か

今まではFacebookの個人アカウントを使ってFacebookページの管理や運用をしていましたよね。ですが、ビジネスマネージャを使うことで「ビジネス(企業)アカウント」を作り、Facebookページを管理&運用することが可能になります。

例えば「株式会社AA」というビジネスアカウントをビジネスマネージャで作成します。この株式会社AAという会社(ビジネスアカウント)において、誰(ユーザー)が、どのFacebookページをどの程度の権限を持って管理するのかが一元管理することができます。

広告アカウントの権限を誰が持つのかなども管理しやすいですし、社外の人間(代理店)のFacebookページの管理や運営への参加も管理しやすく(わかりやすく)なります。

ビジネスマネージャ(business.facebook.com)は、すべての広告アカウント、ページ、アプリ、および権限を、1か所でまとめて管理できるように開発されたツールです。/引用元:ビジネスマネージャでページ、アプリ、広告アカウントを集中管理/Facebook for Business

参考記事:Facebook広告出稿にはビジネスマネージャが必須に!導入手順詳細まとめ【保存版】- SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

ビジネスマネージャへの移行方法

Facebookビジネスマネージャへの移行

まずはhttps://business.facebook.com/createへ行き「利用の開始」画面を開きます。

画面が開いたら指示に従って「基本データ」「名前(ビジネスアカウント)」「プロフィール(ビジネスアカウントを管理する人)」を登録しましょう。

ビジネスマネージャの各機能について

Facebookページの運用状況に応じて使う機能は異なると思いますので、主要な機能に絞って解説したいと思います。

ユーザーの管理

ビジネスマネージャにユーザーを追加することで、特定のFacebookページや広告アカウントで作業する権限を付与することができます。ビジネスマネージャに誰が関わるのかの管理です。
Facebookのビジネスマネージャでユーザーを追加Facebookのビジネスマネージャでユーザーを追加2

Facebookページと広告アカウントで作業する必要のあるすべてのユーザーをここに追加します。

  • Facebookページと広告アカウントでのユーザーの役割を割り当てます
  • 左側の名前をクリックして、各Facebookページや広告アカウントに割り当てられているユーザーを確認したり、役割を変更したりします

Facebookページの管理

ビジネスマネージャが管理するFacebookページで誰が管理&運用するのかを管理します。
Facebookビジネスマネージャでページの管理

アクセス権の申請と所有権の申請の違い

Facebookページの管理権の申請

Facebookページを追加する際に「アクセス権を申請」するのか「所有権を申請」するのかで混乱するかもしれません。

自社でFacebookページを所有している(作成して運営している)場合には「所有権を申請」となり、代理店など自分のような社外の人間がクライアントのFacebookページを運営する場合には「アクセス権を申請」となります。

参考記事:(1) 代理店は、企業のFacebook上のビジネスでどのような役割をリクエストすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

所有していないページで、権限が必要なページへのアクセス権をリクエストしてください(あなたが代理店に所属していて、Facebookページは広告主が所有している場合など)。

Facebookのビジネスマネージャでユーザー申請

広告アカウントの管理

Facebookのビジネスマネージャの広告アカウント管理

Facebook広告の出稿に必要な「広告アカウント」を管理します。ビジネスマネージャで管理する広告アカウントを誰が管理するのかを管理します。

広告アカウントのアクセス権と所有権

Facebookページと同じく「広告アカウントの追加」では「アクセス権」と「所有権」のどちらを選択するのかで迷われるかもしれませんが、Facebookページの時と考え方は同じです。Facebookのビジネスマネージャの広告アカウントの追加

自社ですでに広告アカウントを持っている場合には「所有権を申請する」で広告アカウントIDを入力しましょう。広告アカウントIDはFacebookにログインして、広告マネージャ→設定と進むと確認できます。
Facebook広告アカウントIDの確認

代理店などで、クライアントのFacebook広告を管理&運用しているという場合には「アクセス権をリクエスト」を選択し、表示されるステップに従って設定をしましょう。
広告アカウントのアクセス権のリクエスト

ビジネスマネージャでは「支払い方法」を追加することもできます。追加すると広告アカウントで支払い方法を選択できるようになります。企業Facebookページなどで「支払い方法」を会社のクレジットカードなどに設定することができますので、これまでよりも管理がしやすく(わかりやすく)なると思います。(今までも広告アカウントでユーザー追加は出来ましたが)

Facebookページの運用に必要なものは揃っている

主要なものをザッと載せましたが、ビジネスマネージャでは「アプリ」「製品カタログ」「プロジェクト」「共有ログイン」などの管理も可能です。

代理店向けの機能のように思われるかもしれませんが、社内で商品ごとのFacebookページを運営しているなど複数のFacebookページを管理&運用している場合に一元管理できのは便利です。

ビジネスマネージャにしてもFacebookページにしても広告アカウントにしても複数人が関わる場合は必ず「権限」をしっかり決めておきましょう。誰でも「管理者」などはリスクが高すぎるので止めましょう。

広告の支払い方法でも透明性が増すと思います。

アプリ

Facebookページマネージャ
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

Android用のFacebookページ管理アプリ

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

76759a59569f7d777ae1920c292f20ad.png

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事