WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > 超簡単!Facebook,Twitter,Google+の投稿をブログ記事に表示させる方法

ソーシャルメディアマーケティング

2014年8月15日

超簡単!Facebook,Twitter,Google+の投稿をブログ記事に表示させる方法

Twitter Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

FacebookやTwitterに投稿したものをブログの素材として使いたいという時ってありますよね。Facebook、Twitter、Google+、どれも投稿をWEBサイトへ埋め込むことができます。

スポンサードリンク

SNSでの投稿をブログ記事にも表示させたい

基本はブログ記事(コンテンツ)をSNSへ流す(シェアする)というのが一般的な流れになりますが、時にはFacebookやTwitterなどSNSへの投稿をブログ記事の素材として使いたいということもありますよね。

ちなみにFacebookの投稿を自動でブログ記事にするという後で痛い目に合いそうな気しかしないツールが出回っているようですが、皆さんはそんなものに引っかかることはないと信じています。

今回はSNSでも影響力がある「facebook」「Twitter」「Google+」の投稿をブログ記事に表示(貼付ける)方法をご紹介します。

Facebookの投稿をブログ記事で表示する

まずはブログ記事に表示させたい投稿の右上からメニューを開きます。メニュー項目の一番下にいる「外部へ埋め込む」をクリックしましょう
Facebookの投稿をブログへ埋め込む

すると自動でブログ記事へ貼付けるソースコードを表示してくれます。このソースコードをブログ記事に貼付ければOK!
Facebookの投稿をブログへ埋め込む2

↓実際に貼付けたもの

Twitterの投稿をブログ記事で表示する

次はtwitterです。やることはFacebookの時と変わりません。ブログ記事で表示させたいツィートの下からメニューを開きます。開いたら「ツイートをサイトへ埋め込む」をクリックします。
tweetをブログへ埋め込む

クリックするとブログ記事へ貼付けられるソースコードが表示されますので、それをコピペしてブログ記事へ貼付けましょう。
tweetをブログへ埋め込む2

↓実際に貼付けたもの

Google+の投稿をブログ記事で表示する

Google+もやり方は変わりません。Google+の投稿の右上からメニューを開きます(マウスを右上に持って行くとメニューボタンが表示されます)
Google+の投稿をブログへ埋め込む

ブログ記事へ貼付けられるソースコードが表示されますので、貼付けましょう。
Google+の投稿をブログへ埋め込む2

↓実際に貼付けたもの

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事