WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > ビジネスで動画活用するときにVimeoを選ぶ5つの理由+α

動画マーケティング

2014年6月13日

ビジネスで動画活用するときにVimeoを選ぶ5つの理由+α

Twitter 2 Facebook 1 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ビジネスで動画活用する時にYouTubeを選ぶ5つの理由の続きです。

動画マーケティングに使えるプラットフォームとしてYouTube以外にもVimeoやVine、instagram、最近ではFacebookも含まれつつありますね。

今回はYouTubeとほぼ同種のVimeoを選ぶときの理由です。

Video 101: Choosing a Camera from Vimeo Video School on Vimeo.

スポンサードリンク

映像の質が高い

Vimeoというと映像が綺麗というイメージがおありかと思います。

YouTubeの動画で「前は綺麗だったのに、なんか映像が荒いなボヤットしてるな」と思われたことはありませんか?YouTubeでは視聴者側のネット環境によりスムーズな視聴を優先し映像の質を落とすことがあります。

VimeoはHTML5と呼ばれるWEBサイトを構築する際にも使われるものを使って動画プレーヤーを構築しています。そのため動画の読み込みが安定し、速い!

映像の質が安定していて高いというのは魅力の1つですね。

動画の設定を細かく決められる

Vimeoには料金プランがあります。Vimeo Basic、Vimeo Plus、Vimeo PROの3つです。

それぞれサーバー容量やアップロード回数などの違いがあります。
Vimeo料金プラン

Vimeo Plusでは動画の設定を細かく選べる

年間で6,000円弱を支払ってVimeo Plusにアップグレードすると細かな設定をすることができるようになります。
Vimeo Plus

動画上に表示させる情報を選択できる

Vimeo Plusにアップグレードすると動画上からロゴ写真や動画のタイトルを外してスッキリさせることができます。プレイバーまで外すことが出来ます。

シェアボタンや埋め込みボタンなどの表示の有無も選べます。
動画上に表示させる情報を選択できる

動画の公開範囲も自在

ビジネスで動画を使うことを考えると「視聴制限」(限定公開)が必要になる場面も多いでしょう。

Vimeoは「動画を視聴できる人」の制限の充実が素晴らしいです。
Vimeoで視聴制限

自分が選んだ人だけ、パスワード制限はもちろんのこと、視聴できる場所(特定のWEBサイト上のみなど)も選べます。

シェアされても見れない、パスワードだけ知っていても見れないと視聴制限を厳しく設定できます。

WEBセミナーや特定の人への特別な動画などに最適ですね。

動画のURLを変更できる

Vimeoを使えば動画のURLを変えることができます。URLを全てを変えることはできませんが、動画のタイトルと合わせたURLを作ることができます。Basic版でも可能です。
vimeoは動画のURLが変えられる

動画の公開規約が厳しい

YouTube以上に公開できる動画の規約が厳しいです。これがVimeoが荒れていない理由でもあります。

動画をアップロードするさいに必ず規約が表示されます。

  • 自分自身が著作権を持っている動画であること
  • ビジネス利用はPRO版を使うこと
  • Vimeo Guidelines(英語)でコマーシャル動画についても規約がある

ビジネス利用はかなり細かく規約があります。

We never allow videos pertaining to multi-level marketing (MLM), affiliate programs, get-rich-quick schemes, cash gifting, work-from-home gigs, or similar ventures.

ネットワークビジネスや「稼げる系」の動画は公開できません。(クリーンな感じで好感が持てます。)

【おまけ】Vimeo Video School

VimeoにはVideo Schoolがあってレッスンを動画で受けられるサービスがあります。海外に向けてなにかレッスンできるものがある人には面白いかもしれません。日本語教師とかね。(英語力が必要ですが)
Vimeoの動画スクール

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事