WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > ビジネスで動画活用する時にYouTubeを選ぶ5つの理由

動画マーケティング

2014年6月11日

ビジネスで動画活用する時にYouTubeを選ぶ5つの理由

Twitter 2 Facebook 1 Google+1 はてブ 2 Pocket チャットワーク Eight Feedly

そもそも論ですが、Youtubeとは手段の選択肢の1つです。ソーシャルメディアもWEBマーケティングもマーケティングそのものも手段の1つです。

私自身も中小零細企業のWEB担当者としても、ビジネスブログや動画を使ったオウンドメディアプロデュースの時も選べる手札が1つでは根本的にダメだと考えています。

目的があって手段がある。その手段の選択肢が1つしか提示できないのでは、あまりにも場当たり的だし一過性ですよね。

スポンサードリンク

なぜYouTubeを選ぶのでしょうか

自分の伝えべたなせいもあってiBoundはビジネスブログとYouTubeしかないと思われている方もいらっしゃるようです。ですが私達があなたに提供するものはWEBマーケティングです。

企業様で予算もある程度確保できる場合にはビジネスブログとYouTubeだけなんて話しはしません。WEBを総合的に設計し提案しています。

お客様の状況、環境に合わせて企画し、設計し施策を打つのが当たり前です。予算があるのなら自社で動画共有プラットフォームを構築したっていいんです。実際に対企業で動画プラットフォームの提供をしている会社もあります。

ではなぜ、iBoundでコンサルタントの方に向けてYouTubeを進めているのでしょうか。

YouTubeを選ぶ理由

ちゃんと理由があります。その理由をお伝え致します。

SEOの恩恵を受けられる

これは企業様でも当てはまるポイントです。YouTubeを運営しているのは天下のGoogle様。

他の動画共有プラットフォームと比べてみてもGoogle検索でヒットする+上位に表示される次元が違います。

YouTubeを選ぶ一番の理由と言っても過言ではないでしょう。

そう考えるとGoogle+の重要性にお気づきになる方もいらっしゃるでしょう。

見てくれる人が多い

YouTubeが世界で2番目の検索プラットフォームというのは有名な話ですね。(1位はGoogle検索)

世界中で動画を見るのにYouTubeが使われている。

世界では10億人以上、日本は4079万人/参照元:5大ソーシャルメディアのユーザー数まとめ!Facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube- SMMLab

それだけの母数があるという恩恵を受けられるということです。

視聴環境が整っている

見てくれる人が多いところと重なりますが、YouTubeは「スマートフォンの普及に応じて【動画を見る環境が整った】ところに認知度やアクティブユーザー数などがかけ合わさったプラットホーム」です。

アプリもあるので通勤時間やちょっとした空き時間などでも視聴することができます。これも1つの大きなメリットです。

仮に自社サーバーに動画をアップロードして、自社サイト上に動画を載せたとして、視聴者側のデバイス(見るための道具:iPhoneやPC、タブレット)の環境やネット環境による視聴トラブルを解決するコストを考えるとYouTubeのありがたみもよくわかるはずです。

これまで何度も繰り返した「これからは動画だ!」が流れに乗れなかった理由が視聴者の視聴環境にあると私は考えています。

コストが抑えられる

コストの問題も大きな要因です。自社サーバーにYouTubeに動画をアップロードするのと同じように動画データをアップロードし始めたら大変なことになるでしょう。(あくまでも個人事業や零細企業レベルの話)

それらを受け入れられるだけのサーバーを構築したとしても維持管理費もそれなりに必要になります。

サーバー負担を自分たちで抱えなくて済むのも大きなポイントです。

他のソーシャル要素との相性

わざわざ言う必要もないですね。YouTubeにはコミュニティ要素が十分に備わっています。また各ソーシャルメディアへの共有(シェア)も簡単に出来ます。

現代のWEBにおいて共有のしやすさは重要ですね。

USTREAMとの相性やハングアウトオンエア、YouTubeLIVEなどライブ配信との相性の良さもありますね。

他にも広告収入が見込めるなどありますが、YouTuberになりたいならありですが、コンサルタントの人には必要ないでしょう。

目的に合わせて何を使うかを選ぶことが大事

次回、Vimeoを選ぶ理由についてお伝えしますが、動画の目的や役割に合わせてプラットフォームを選びましょう。

一般公開する必要がなく、「見せる」ことが重要な場合はYouTubeよりもViemoがいいでしょう。WEBページを構成するパーツとしての動画ならViemoで十分かもしれません。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • 東條孝明d

    HPに、セミナー動画(約60分/本)をはじめは週1本、のちのちはもう少し増やしていきたいと思っています。特定の人しか閲覧できない、ダウンロードできないようにしたいと考えているのですが、vimeoの方がいいかなと、記事を見て感じました。
    デバイスはPCがメインで後々はスマホでも動画が見れるようにしたいと思っています。BtoBの要素が強いセミナーなのですが、vimeoが遠藤様からみて適切かどうかのアドバイスをいただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    • 東條孝明さん。こんにちは。ご質問ありがとうございます!
      >特定の人しか閲覧できない、ダウンロードできないようにしたい
      YouTubeでも対応はできますが、Vimeoの方が良いと思います。動画再生も安定していますし、記事に書いた通りで各動画の公開範囲などの設定が細かくできるためです。
      YouTubeはSEO(動画への流入元として検索を含む場合)を考えるならオススメですが、限定公開の動画であればYouTubeである必要性は低いと思います。

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事