fbpx
【オンライン研修】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座(企業ブログ活用の重点解説付き)

実業家のあなたが「やるべきこと」はYouTuberになることではない。

やるべきことは動画コンテンツマーケティング

Youtubeの広がりから、多くの企業や事業者が「動画だ!」と盛り上がり始めた2013年。「動画だ!」と叫ぶことに異論はない。 ただ「動画=Youtube」として「Youtubeだ!」と主張する人が増えてきていることに危機感を感じている。

せっかく動画マーケティングが飛躍できる環境が出来あがったにも関わらず、表面的な事しか言わない人たちによって、 適切な認識を持たない動画マーケティングに意欲的な人が出鼻をくじかれて、流れが止まってしまう。

Youtubeとはあくまでも動画コンテンツのプラットフォームであって、動画そのものではない。
「Youtubeチャンネル」といわれるように、自分のチャンネル(番組)を持ちファンと交流しファンを増やすということも大事である。

しかし「Youtubeチャンネルで何をするか?」のまえに「動画を何のために使うのか?」を意識しなければならない。 Youtuberになった!でも自分の事業、商品は売れていないでは本末転倒なのだ。

Youtuberとは芸能人

Youtuberとはなにか?簡単に言えばYoutubeに動画を投稿する事で生計を立てている人だ。

質問したい。あなたは自分の商品で生計を立てたいのか?それとも自分の商品で生計を立てたいのか?

生計が立てられるのならなんでもいいのであれば、ここで読むのを止めることを進める(時間のムダになる)

海外の動画マーケティング業界ではYoutuberとは自社の商品を宣伝手段の1つとして認識されている。 ※日本でも最近CMなどにYoutuberが起用され始めている。

CMで起用されるという点で芸能人と変わりない。

チャンネル登録者数も再生回数も重要ではない

過激な言い方をすれば「チャンネル登録者数」も「再生回数」も重要ではない。 WEBサイトと同じだ。訪問者が多くても、商品を誰も買ってくれないのでは意味がない。

動画を見てくれている人が、商品のターゲット属性と合っていなければ、さらに意味がない。

少ない訪問者でも、「良質な見込み客」として高い確率で商品を買ってくれるほうが有益だ。 重要なのは動画が商品の売上に貢献しているかどうかである。

  • WEBサイトへの導線になっている
  • あなたの信頼度の向上につながっている
  • 動画を見た人が、あなたの商品を買いたい、依頼したいと思う

Youtuberを目指してはいけない

Youtuberを目指して質の低いコンテンツ(どうでもいい、役に立たないコンテンツ)を投稿している人が非常に多い。 それはそれで自分の信じる道を勝手に進んでもらえばいい。

WEBでは「質の高いコンテンツ」とはなにかをもう一度思い出してもらいたい。 あなたは事業主であり、自社の商品を売る事が重要なはずである。

決してYoutubeを使うなという話ではない。Youtubeは世界第2の検索サイトであり、SEOとの相性もいい。動画コンテンツのプラットフォームとして最善の選択なことに間違いない。

事業者として、あなたがすべきことはYoutubeで「どうでもいい内容」の動画を投稿して人気者になることなのか? もう一度、考えて頂きたい。