WEBマスターの手帳 > WEBサイト作成 > WordPress > WordPressのブログ記事に目次を入れるのはTable of Contents Plusを使えば簡単だった

WordPress

2013年8月20日

WordPressのブログ記事に目次を入れるのはTable of Contents Plusを使えば簡単だった

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 7 Pocket チャットワーク Eight Feedly

スポンサードリンク

長文になった時に目次を表示させられる

ブログ記事を読みやすくするために、見出しをうまく使ったり、段落に気を使ったりしてますよね。長文になったときに「目次を表示させたいな〜」と思ったので調べました。

さすが、Wordpress!やっぱりプラグインがありました。

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusを使えば、記事内のh1~h6(見出し1〜見出し6)を元にした目次を自動で表示することができます。いちいちリンクを貼ったりする手間が一切かかりません。

良いところ

  • インストール時に設定さえすれば後は自動で表示してくれる
  • 3つ以上の見出しがあるときに表示するなど「記事のボリューム」に合わせた設定が出来る
  • 「h2とh3を使う」など【何を目次にするか】を設定できる

Table of Contents Plusの注意点

h1~h6を元にするため、ブログ記事内でhタグ(見出しタグ)が適切に使われている(配置されている)必要があります。ここがメチャクチャだと目次もメチャクチャになってしまいます。

目次を階層表示させたい場合は、見出しタグも階層を考えて使う必要があります。
Table of Contents Plus

Table of Contents Plusの導入方法

いつも通りプラグインの新規追加でTable of Contents Plusを検索してインストールしましょう。

Table of Contents Plusの設定

Table of Contents Plus設定

「Show When」の設定で記事内の見出しの数に応じた表示設定が出来ます。

例:4の場合。記事内に見出しが4つ以上あった場合に「目次」を表示させる

詳細設定

Table of Contents Plus設定

「Heading lever」で目次項目として表示させる見出しを選ぶことが出来ます。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事