初心者向けにWordPressの使い方やトラブル対応を解説したオンライン講座の提供を開始しました!

ホームページで資料やテキストをダウンロードできるようにする方法

この記事は【2018年2月23日】が最後の更新のため、記事の内容が古い可能性があります。最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

ホームページで、資料やテキストをダウンロードできるようにしたいと思うことはありませんか?
無料テキストやPDF資料などを誰でもダウンロードできるようにする方法をご紹介します。

圧縮ファイルを用意する

まずは配布したい資料データを圧縮ファイルにしましょう。圧縮することでダウンロード時の時間短縮になります。

サーバーに圧縮ファイルをアップロードする

自社のホームページで使用しているサーバー(他のサーバーでも可)に圧縮したデータをアップロードします。その際にFTPサーバーに接続してファイルのアップロードやダウンロードを行うソフトを使うとスムーズです。

Macの方にはCyberduckがオススメ

Cyberduck (Mac) – ダウンロード
Cyberduck …

ホームページにリンクを貼る

アップロードが完了したら、URLを確認しましょう。URLとは、どこにデータがあるのかを示す住所なので、ここが間違っていると正しく機能しません。

例えば
homepage-reborn.com/のデータが入っているフォルダ内にtest.zipをアップロードした場合は、homepage-reborn.com/test.zipというのがデータをダウンロードする際に必要になるURLとなります。

完了

最後にホームページにリンクを貼れば完了です。「無料資料のダウンロードはこちら」などの文章やバナー画像に、先ほど確認した「データのURL」のリンクを貼りましょう。