WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > 小さな会社のWEB担当者が知っておきたい専門用語 > 企業がコンテンツマーケティングに取組む前に読んでおくべき本7冊

WEBマーケティング

2014年12月12日

企業がコンテンツマーケティングに取組む前に読んでおくべき本7冊

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 6 Pocket チャットワーク Eight Feedly

コンテンツマーケティング、インバウンドマーケティングという言葉をよく耳にするようになりましたね。自分の価値観にも合っているのでどちらも好きな考え方です。

本を読むとよくわかりますが、どれも実際は以前からあった考え方ですし、オフラインでは実践されてきたものでしょう。それがWEBにも広がってきたということですね。

とはいえ、まだよくわからないというWEB担当者の方もいらっしゃるかもしれません。自分がいろいろと関連書を読んで「これは読んでおいたほうがいい」と思う本をご紹介します。

スポンサードリンク

コンテンツマーケティング関連書

戦略的コンテンツマーケティング/ジョー・ピュリッジ、ロバート・ロズ

アメリカの本を翻訳したものなので、日本企業がコピペして使えるというわけではないかもしれませんが、書いてあることの根っこを捉えれば問題ないでしょう。

商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる/宗像淳

日本のコンテンツマーケティングの第一人者である宗像淳さんの著書です。

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

翻訳本ですが、上記の本と合わせて読むと面白いと思います。

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

インバウンドマーケティング関連書

個人的にはインバウンドマーケティングの方がコンテンツマーケティングよりも少し抽象度が高いのかなと思っています。ほとんど同列ですが、インバウンドマーケティングを実現するためのコンテンツマーケティングという認識です。

インバウンドマーケティング/高広伯彦

日本のインバウンドマーケティングの権威である高広伯彦さんの著書です。

インバウンドマーケティング/ブライアン・ハリガン

インバウンドマーケティングの大手「ハブスポット」の創業者の著書です。

オウンドメディア関連書

コンテンツマーケティング、インバウンドマーケティングのどちらにしても「オウンドメディア」は重要なので一読されることをお勧めします。

オウンドメディア マーケティング/井浦知久

マーケ企画部 四葉幸のハッピーオウンドメディア

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事