WordPressの使い方、管理、保守、トラブル対応がわかる!はじめてのWordPress入門講座

Macで画面上の色を調べるなら純正のカラーピッカーアプリ「Digital Color Meter」がオススメ!

Macで画面上の色を調べるなら純正のカラーピッカーアプリ「Digital Color Meter」がオススメ!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。Webサイトを作っているとき、画像を作っているとき、パワーポイントで資料と作っているときに、画面上の色(カラーコード)を調べたいときはありませんか?

色を調べられるカラーピッカーには、Chromeの拡張機能や、アプリなどいろいろありますよね。

では、Macに純正のカラーピッカーアプリがあるのはご存知でしょうか?

Mac純正のカラーピッカー「Digital Color Meter」

Macには「Digital Color Meter」という純正のカラーピッカーアプリがあります。

このアプリを使えば、Macの画面上の色を簡単に調べることができます。

Mac純正のカラーピッカー「Digital Color Meter」

Digital Color Meterの使い方

Digital Color Meterなんてアプリ、見たことがない!という人もいるかも知れません。それもそのはずで、Digital Color Meterはアプリケーションフォルダの中にある「ユーティリティ」の中に入っています。

Digital Color Meter

Digital Color Meterを使うときは「Spotlight(Command + Space)」を開いて「color」と検索をすると、すぐに見つかります。

Spotlight検索でDigital Color Meterを探す

Digital Color Meterを開くと、マウスポイントが有る位置の色が表示されます。

Digital Color Meterでカラーコードを調べる

カラーコードを調べたい色の上にマウスポイントを移動させたら「command + shift + c」でカラーコード(例:#000000)をコピーすることができます。

コピーするカラーコードを16進数にする

16進数のカラーコードを調べたいときは、Digital Color Meterの表示 → 値の表示で「16進数」を選択しましょう。

Digital Color Meterで16進数のカラーコードを表示する

画像として色を保存する

Digital Color Meterでは、カラーコードをコピーする以外に、色を画像として保存をすることもできます。

保存したい色の上にマウスポイントを移動させたら「command + alt + c」を押せば、画像として保存されます。

ディスプレイ上のどこでも色を調べられる

Digital Color Meterを使えば、Macのディスプレイ上の色を、使っているアプリやウィンドウに関係なく調べることができあmス。

なにより、Mac純正なので、無料で使うことができますし、正しく動かないといったトラブルもありません。

もし、カラーピッカーのアプリを探しているのなら、ぜひDigital Color Meterを使ってみてください!