初心者向けにWordPressの使い方やトラブル対応を解説したオンライン講座の提供を開始しました!

知らないと損!Google検索の検索テクニックやオプション13選

知らないと損!Google検索の検索テクニックやオプション13選

編集スタッフのたけのこです。日頃の業務やネットサーフィンで、Google検索を使った調べ物をする人は多いのではないでしょうか。

しかし、この世には数多くの情報が溢れています。自分の目的とする内容に行き着くまでが大変…と思っている方も多いでしょう。

今回は、そんな時に使えるGoogle検索のオプションや、検索テクニックをまとめてご紹介します。

複数のキーワードを語順通り検索する

複数のキーワードを「ダブルクオーテーション(””)」で囲むと、その語順通りに検索ができます。

複数のキーワードを語順通り検索する

特定のキーワードを除外する

キーワード -除外したいキーワード」で、「-」の後に書かれたキーワードを除外して検索できます。除外するキーワードを増やすこともできます。

特定のキーワードを除外する

複数のキーワードの中でいずれか、もしくは両方を含むWebサイトを検索する

A OR B」とORを使って検索すると、AとBのキーワードのうちのどちらかが含まれるWebサイトを検索できます。ORは大文字で記述しなければなりません。

複数のキーワードの中でいずれか、もしくは両方を含むサイトを検索する

ORとAND検索を組み合わせる

(A OR B) C」と、ORを()で囲って検索すると、AとBのキーワードのうちどちらかが含まれ、かつCが含まれるWebサイトを検索できます。

ORとAND検索を組み合わせる

キーワードがタイトルに含まれるWebサイト・ページを検索する

検索したいキーワードに「intitle:」をつけて検索すると、キーワードがタイトルに含まれるWebサイトやページを検索できます。

キーワードがタイトルに含まれるサイト・ページを検索する

数値の範囲を指定して検索する

単位をつけた2つの数値の間にピリオドを2つ挿入して、その情報をキーワードの検索に必要な情報を入れることができます。

数値の範囲を指定して検索する

あいまいなところがあるフレーズを検索する

検索したいフレーズの中であいまいな部分に*を挿入して検索できます。

あいまいなところがあるフレーズを検索する

関連のあるWebサイトを検索する

Webサイトのアドレスの前に「related:」をつけて検索すると、関連のあるWebサイトを検索できます。

関連のあるWebサイトを検索する

特定のWebサイトの中で検索する

Webサイトまたはドメインの前に「site:」を付け、そのあとにキーワードをつけると、特定のWebサイトまたはドメイン内のキーワード検索ができます。

特定のWebサイトの中で検索する

Webサイトに関する詳細情報を見る

Webサイトのアドレスの前に「info:」を付けることで、Webサイトの詳細情報を確認しやすくなります。

Webサイトに関する詳細情報を見る

キャッシュを確認する

Webサイトのアドレスの前に「cache:」をつけると、Googleでキャッシュされたバージョンを確認できます。

キャッシュを確認する

リンク元(被リンク)のWebサイトを検索する

Webサイトのアドレスの前に「link:」をつけると、指定したURLへリンクが貼られているページ(リンク元ページ)を検索できます。

リンク元(被リンク)のWebサイトを検索する

ファイルを検索する

filetype:」の後に、pdf、jpg、zipなどの検索したい拡張子を入力し、その後ろにキーワードを入力することで、キーワードに関連する指定のファイルが検索できます。

ファイルを検索する

まとめ

実は数多くのテクニックが存在するGoogleでの検索。意外と知らない人も多いので、上記のものを知っているだけでも、周りの人と差がつけられそうです。どんどん使って、使いこなせるようになりましょう!!