【Udemy】はじめてのSNS担当者 入門講座(SNSマーケティング)

WordPressのPHP最低許容バージョンが7.2以上に引き上げられた

WordPressのPHP最低許容バージョンが7.2以上に引き上げられた

この記事は【2020年6月21日】が最後の更新のため、記事の内容が古い可能性があります。最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。WordPressを使っているWeb担当者の皆さん、WordPressの最低限許容できるPHPバージョンが7.2となりました。

WordPressの最低限許容できるPHPバージョンが引き上げられた

WordPress Bumps Minimum PHP Recommendation to 7.2 – WordPress Tavernによると、WordPressを使用する上で、必要となるPHPバージョンの許容下限が7.2に引き上げられました。

The ServeHappy API has been updated to set the minimum acceptable PHP version to 7.2, while the WordPress downloads page recommends 7.3 or newer.

WordPress Bumps Minimum PHP Recommendation to 7.2 – WordPress Tavern

推奨されるバージョンは7.3以上

現在、WordPressで推奨されているPHPバージョンは7.3以上となっています。

あくまでもバージョン7.2は、WordPressを使う上で、最低限で許容できるバージョンです。できるだけ7.3以降のバージョンを使うようにしましょう。

2019年4月からWordPressのphpバージョンは5.6以上が必要になるよ!でも、解説をしましたが、古いバージョンのままバージョンアップをしていない人は、早急にPHPのバージョンアップを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA