コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

競合他社のFacebook広告やInstagram広告を調査できる「Facebook広告ライブラリ」

競合他社のFacebook広告やInstagram広告を調査できる「Facebook広告ライブラリ」

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。SNS担当者やWebマーケターの方は、日々、競合調査競合分析をされていると思います。

競合他社がFacebookやInstagramでどんな広告を出しているのか、どうやって調査・分析をされていますか?

今回は競合他社のSNS広告の分析に使えるツールを紹介します。

Facebookが提供している「広告ライブラリ」

Facebookの広告ライブラリ

Facebookが提供している「広告ライブラリ」をご存じでしょうか?

FacebookやInstagramで掲載されている広告を検索できる便利なツールです。広告ライブラリを使えば、特定のFacebookページが出稿している広告が全貌がわかります。

広告の透明性を高めるため、広告ライブラリでは現在Instagramを含むFacebook製品全体で掲載されている広告すべてを含む検索可能な総合コレクションを提供しています。FacebookアカウントやInstagramアカウントの有無に関わらず、誰でもライブラリをチェックすることができます。

Facebook広告ライブラリ

Facebookページの種類や規模は関係ありません。存在しているすべてのFacebookページを調べることができます。

広告ライブラリの使い方

では、広告ライブラリの使い方を機能とともに解説していきます。

Facebookページを探す

まずは「広告ライブラリ」を開きましょう。広告ライブラリが開いたら、画面中央の「広告主の名前で広告を検索」のスペースに、調べたいFacebookページ名(Facebook広告やInstagram広告は、Facebookページによって配信されているため)を入力します。

広告ライブラリでFacebookページを検索する

Facebook名を入力していると、Facebookページ名に入力したワードが含まれているページが表示されます。今回は、試しに「UNIQLO(ユニクロ)」が、どんな広告を出しているのかを調べてみました。

広告ライブラリでFacebookページを探す

この時点で、FacebookのロゴとInstagramのロゴが、いいね数やフォロワー数と共に表示されていますね。

調べたいFacebookページが見つかったら、そのFacebookページをクリックします。

Facebookページが出している広告をみる

Facebbokページが表示されると、そのFacebookページが出している広告が一覧で表示されます。

Facebbokページが出している広告が一覧表示される

そのFacebookページが、どんな広告を出しているのか、丸裸状態です。広告に使っている文言も画像も、広告のタイプも、いつから広告の掲載をしているのかなど、すべて見ることができます。

ただし、年齢制限のある広告(アルコール飲料やギャンブルなど)は、Facebookにログインしていない人や、制限年齢未満の人には表示されません。

それぞれの広告の上に、表示されているロゴで、Facebookに掲載されているのか、Instagramに掲載されているのかなど、どのプラットフォームで掲載されているのかがわかります。

Facebookの広告かInstagramの広告かがわかる

「同じようなローカル広告」もわかる

Facebookページによっては「同じようなローカル広告」として、地域ごとのFacebookページが表示されます。

地域ごとのFacebbokページが表示される

広告の絞り込みもできる

表示する広告の「絞り込み」もできます。

地域での絞り込み

絞り込みの「すべて▼」をクリックすると、地域(国)で広告を絞り込むことができます。

国ごとに、出している広告の違いを見るのは、参考になります。

広告の表示を地域で絞り込む

インプレッションの時期で絞り込む

「インプレッションの時期」で絞り込むと、前日や過去7日間でインプレッション(広告が表示された回数)した広告を表示させることができます。

広告のインプレッションの時期で絞り込む

Platformで絞り込む

広告が掲載されているプラットフォームで絞り込むことができます。Facebook広告、Instagram広告、Audience Network(Facebookと提携しているスマートフォンアプリやモバイルサイトに掲載される広告)、Messenger(Facebook Messengerに掲載される広告)で絞り込むことができます。

プラットフォームで広告を絞り込む

インプレッションの高い順に並べ替える

絞り込みではなく、広告をインプレッションの高い順に並び替えることもできます。

インプレッションの多い広告順に並べる

競合他社のFacebook広告やInstagram広告で、どんな広告がインプレッションが高かったのかまでわかってしまう!これはすごいですよね。

Facebookページを管理している人たちの情報もわかる

「ページの透明性」をみると、広告だけでなく、そのFacebookページを管理している組織や、管理している人の人数、居住国などの情報を得ることもできます。

Facebookページの透明性をみる

管理している組織や、人数なども、見てみるとおもしろいです。

Facebookページを管理している組織がわかる Facebookページを管理している人が住んでいる国がわかる Facebookページを管理している組織

アクティブな広告しか表示されない

広告ライブラリに表示される広告は「アクティブ状態」の広告のみです。掲載が終了しているものなどは表示されません。

広告ライブラリにはアクティブな広告がないと表示されない

意見広告や選挙広告、政治広告もわかる

そのFacebookページが社会問題や選挙、政治に関連する広告を出している場合、その広告もみることができます。この場合はステータスはアクティブだけでなく非アクティブの広告(過去7年分)も表示されます

Facebookで掲載されている意見広告、選挙広告または政治広告を表示する

「広告の詳細を見る」をクリックすると、非アクティブ(掲載が終了した広告)の場合、インプレッション数や消化金額、広告が表示された人の年齢や性別、広告が表示された場所のデータを見ることができます。

広告の詳細を見る 広告の詳細データを見られる

広告の詳細は、意見広告や選挙広告、政治広告ではない、通常の広告でも見ることができますが、ここまで細かなデータは表示されません。

競合他社のFacebookページやInstagramの広告を調べて分析しよう

いかなる場合でも競合調査は、とても大事ですよね。

「広告ライブラリ」を使えば、競合他社が、どんなFacebook広告やInstagram広告を出しているのかを簡単に調べることができます。

競合他社だけでなく、いろいろなFacebookページの広告を探してみると、広告を作成するときのアイディアを得ることもできます。

他社のFacebookページの広告を分析して、自社のFacebook広告やInstagram広告の施策で参考にしていきましょう!