複数の「スマホ決済(QRコード決済)」を一括導入できる店舗向けサービスまとめ

WordPressの外観メニューが保存できず403エラーが出るときはサーバーのWAFをオフにしてみて。

WordPressの外観メニューが保存できず403エラーが出るときはサーバーのWAFをオフにしてみて。

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。WordPressのエラー対応についてです。

Webサイトのナビゲーションを変更するために、WordPressの管理画面で「メニュー(外観)」を変更して保存しようとしたら、403エラーが表示されてしまった。

そんなときは、サーバーのWAF設定をオフにしてみてください。

外観メニューの変更だけでなく、WordPressの管理画面から、なにかしらの設定を変更して保存をしようとしたら、403エラーが表示されたときにも、WAFが原因かもしれません。

403エラーとは

403エラー

403エラーとは、URLにアクセスをしたときに、HTTPサーバーから送信される「HTTPステータスコード」です。

どんなステータスコードかというと、そのURLに対してアクセスする権限がない(または制限されている)場合に表示されます。

403えラーに対する一般的な対応は、URLに対してWebページが存在しているかを確認して、アクセス権限を確認するという方法があります。

ただ、WordPressで、外観のメニューを変更しようとして保存できずに403エラーが表示されるときには、サーバーのWAF設定が原因かもしれません。

WAFとは

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)は、サーバーのセキュリティ対策の1つです。外部からの不正アクセスからWebサイトを守るためのものです。

WordPressのようなWebアプリケーションの脆弱性を突いてくる攻撃(不正アクセス)から守ってくれるので、多くのレンタルサーバーでWAFを設定することができます。

レンタルサーバーを使ってWordPressを動かしていて、WAF設定ができるのなら有効にするのは必須です。

WordPressの設定を変更するアクセスに対してWAFが働いているかも

このWAFが、WordPressでメニューの変更保存をしようとしたときに、機能して、アクセスを拒否して、403エラーになってしまうことがあるようです。

特にロリポップ!系のレンタルサーバーで、よく起こるような印象があります。

変更保存をするときだけWAFをオフにする

あまりしたくはないですが、WordPressの外観メニューを変更するときだけ、サーバーのWAF設定をオフにしてみてください

ロリポップ!であれば、WAF設定から、該当するドメインの設定変更で「無効にする」をクリックすれば、オフにすることができます。

ロリポップでWAF設定をオフにする

設定が反映されるまで少し時間が必要です。おそらく30分もすれば反映されるはずです。

オフにしてから、しばらく待って、改めてWordPressの外観メニューを変更保存してみてください。

WAFが原因であれば、外観メニューの変更が正常に保存されるはずです。

外観メニューの変更が終わったら、サーバーのWAF設定をオンにするのを忘れずに!忘れてしまうと、Webサイトに不正アクセスされてしまう危険性が高くなります。

ロリポップでWAF設定を有効にする

念のため、ここで紹介をした「WAF設定をオフ(無効)にする」という方法は、オフにしている間、セキュリティ面で、かなり危険性が高くなります。

できるだけ、素早く作業を終えて、WAF設定を有効に戻すようにしてください。