複数の「スマホ決済(QRコード決済)」を一括導入できる店舗向けサービスまとめ

WordPressでPHPバージョンの更新は慎重に!「500エラー」が起きないかチェックして!

WordPressでサーバーのPHPバージョンを上げる前に「500エラー」が起きないかチェックしよう

WordPressの推奨PHPバージョンが5.6以上に変更になるのに合わせて、サーバーのPHPバージョンを上げようという人が多くなっているようです。

WordPressのアップデートをして、最新バージョンにすると、ダッシュボードに「PHPの更新が必要です」と表示されたから、なんだかよくわからないけど、必要ならとPHPの更新をしてしまう人もいるようです。

WordPressのダッシュボードに「PHPの更新が必要」と表示される

サーバーのPHPバージョンを変更する際には、Webサイトが変更後のPHPバージョンに対応しているかをチェックしておく必要があります。

WebサイトがPHPバージョンに対応をしていないと、エラーが発生して、Webサイトが表示されなくなってしまいます

WordPressで使っているテーマとプラグインをチェックしよう

サーバーのPHPバージョンを変更する

WordPressを使っているWebサイトでは、サーバーのPHPバージョンを変更する(バージョンアップする)前に、使用しているテーマとプラグインが、変更後のPHPバージョンに対応しているかを確認しましょう。

テーマやプラグインが、PHPバージョンに対応していないと「Internal Server Error(HTTP 500エラー)」が発生してしまいます。

テーマとプラグインのチェックができる「PHP Compatibility Checker」

WordPressのプラグイン「PHP Compatibility Checker」を使うと、使用しているテーマとプラグインのチェックすることができます。

PHP Compatibility Checker

WordPressの管理画面から「プラグイン」で「新規追加」から「PHP Compatibility Checker」を検索して、インストールと有効かをしましょう。

PHP Compatibility Checkerを有効化

あとは「プラグイン」の管理画面で「PHP Compatibility Checker」に表示されている「スキャンを開始」をクリックします。

スキャンの設定画面が表示されるので、チェックをしたいPHPバージョン(PHP7.0やPHP7.1など)と、チェックをする対象(テーマとプラグイン)を選択しましょう。

PHP Compatibility Checkerの設定

設定ができたら「スキャンを開始」をクリックすると、スキャンが始まります。

スキャンが完了すると、結果が表示されます。「互換性あり」と表示されているものは問題ありません。

PHPバージョンのチェック結果

赤文字で「エラー」と表示されているものは、修正または削除が必要です。「エラー」の表示がある状態で、PHPバージョンを変更すると「500エラー」が出てしまいます。

PHPバージョンに対応していないテーマやプラグインがあった時の対処法

「PHP Compatibility Checker」でチェックをしたら、バージョンアップ後のPHPバージョンに対応していないテーマやプラグインがあった場合はどうしたらいいか。

簡単な方法は、対応していないテーマやプラグインの使用をやめるです。

または、該当する箇所を修正(ソースコードの修正)をして、自力でPHPバージョンに対応させるかです。

PHPバージョンの変更は慎重に

WordPressでは、テーマやプラグインのアップデートだけでなく、PHPバージョンのバージョンアップも重要です。

ですが、トラブルも起こりやすいものでもあります。バックアップを取る、すぐに元のPHPバージョンに戻せるようにしておくなど、しっかりと準備をして慎重に行いましょう。

注意
PHPバージョンの変更は自己責任でお願いいたします。この記事を参考にしても、トラブルが起こる可能性はあります。トラブルが発生した場合に当方では責任を負いかねます。