【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

ブラウザを開くだけで写真や画像を圧縮できる「Squoosh」ならファイルサイズが軽くできる!

ブラウザを開くだけで写真や画像を圧縮できる「Squoosh」ならファイルサイズが軽くできる!

Webサイトやオウンドメディアで写真や画像を使う(Webサイトで表示させる)ことは多いですよね。

写真や画像は、Webサイトに最適化をしないと、Webサイトの表示を重くさせる要因になってしまいます。

そんな写真や画像のサイズ(容量)を軽くするために、写真や画像のサイズを変更したり、ソフトやアプリを使って、容量を圧縮している方は多いと思います。

Googleが公開をしている「Squoosh」というツールをご存知でしょうか。ソフトやアプリをインストールせずに、ブラウザ上で、簡単に写真や画像を圧縮することができますよ。

写真や画像を圧縮できる「Squoosh」

SquooshはGoogleが提供をしているツールで、Webブラウザ上で、写真や画像の圧縮をすることができます。

Squooshで写真を圧縮してみた

実際にSquooshを使って写真を圧縮してみました。まずは圧縮前の写真です。

Squooshで圧縮する前の写真

次にSquooshを使って圧縮(56%に圧縮)した写真です。

Squooshで圧縮した写真

さすがに56%も圧縮すると、画質が荒くなっていますね。画像の容量は、元の写真は314kb、圧縮後は137kbになりました。

Squooshで圧縮した容量

写真や画像の圧縮ソフトやアプリを使うと、圧縮した後に画質が荒くなってしまうことがありますが、Squooshの場合は、どれくらい圧縮するかを設定できるので、自分の希望にあった圧縮をすることができます。

Squooshの使い方

使い方は簡単です。ChromeやFirefox、Safariなどでhttps://squoosh.app/を開きます。

Squoosh

圧縮したい写真や画像を、ドラック&ドロップします。あとは、どれぐらい圧縮するかなどの設定を行います。

Squoosh1

画面中央に表示されている線を左右に移動すると、画質の確認をすることができます。画面左が元の写真、画面右が圧縮後のプレビューです。

画面の右下に表示されているのが、圧縮の設定です。どれくらい圧縮するのか(圧縮率)を設定するのは「Quality」のところです。

Qualityの設定

Qualityをゼロにすると圧縮率は高くなりますが、画質が下がり、かなり荒くなります。

Squooshで圧縮率を高くした場合

Qualityの上にある「MozJPEG」をクリックすると、画像のファイル形式を選択することも可能です。

Squooshで画像のファイル形式を選択する

Squooshでは、他にも画像のリサイズ(サイズ変更)や画像の回転(縦向きを横にするなど)、色味の修正などもすることができます。

Squooshはスマートフォンでも使える

Squooshはスマートフォンからも利用することができます。PCと同じようにiPhoneのSafariやChromeのアプリからhttps://squoosh.app/を開きます。

スマートフォンからSquooshを使う

「select an image」をタップすると、スマートフォンで写真を撮る、写真フォルダなどを選択することができるので、圧縮したい写真や画像を選びましょう。

スマートフォンの画像を選ぶ

スマートフォンの場合、画面の分割が左右ではなく、上下になります。上が元の写真、下が圧縮後のプレビューです。

Squooshを使ってスマートフォンで写真を圧縮する

PCだけでなく、スマートフォンでも簡単に写真や画像を圧縮できるのは便利ですよね。

十分に機能が揃っているので、下手に圧縮アプリを使うよりも、Squooshの方が手軽に利用できそうです。

写真や画像の圧縮ソフトや圧縮アプリを探している方は、ぜひお試しあれ。